ここから本文です

需要はある…の?150万円超の高級スマホ

R25 6/9(木) 7:01配信

今や多くの人にとって必需品となったスマートフォンだが、買い替えのたびにかかる数万円は、庶民にとってバカにならない額。ところが、それを遥かに超える約150万円の高級スマートフォンが発売された。

話題を集めているのは、スイスのSIRIN LABS社の「Solarin」というスマホだ。Solarinの最大の特徴はセキュリティ面にあり、世界各国の軍隊が採用しているという暗号化方式「AES-256bit」を採用。さらにサイバー攻撃対策に定評のあるZimperium社のセキュリティアプリがプリインストールされているほか、背面には押すと完全に暗号化された通話やメッセージ送信が可能な「セキュリティスイッチ」も搭載されている。

カラーは4色で、気になるお値段は、「ファイアブラックカーボンチタニウム」が1万3800ドル(≒147万円)、「ファイアブラックカーボンDLC」が1万4900ドル(≒159万円)、「クリスタルホワイトカーボンDLC」が1万5900ドル(≒169万円)、「ファイアブラックカーボンイエローゴールド」が1万7400ドル(≒185万円)となっている。※いずれも2016年6月6日現在のレート

世界最高のセキュリティ機能を搭載したSolarinだが、飛び切りの値段すぎてユーザーからは、

「要人相手に絞ればそれなりに需要はおると思うけど」
「完全に暗号化された通話やメッセージを受け取るには、受け取る方も150万円のスマホを買わなければならないのだろう」
「ワシは150万円のスマホいきなり貰ったらとりあえず売り飛ばしてそのお金貯金するわ、貧乏だから(笑)」

など、ツイッター上に寄せられたのはトボけた感想ばかり。万全のセキュリティが売りのSolarinだが、一般人には今ひとつピンとこないようだ。

ちなみに、超高級スマートフォンといえば、イギリスの超高級携帯電話ブランド「Vertu」が有名だ。Vertuの端末には、金やプラチナ、はたまたダイアモンドが埋め込まれた製品もあり、価格は数十万円から、時には数百万円の品も。日本で展開した際には、月額5万2500円でコンシェルジュサービスが受けられることが話題となったが、2011年7月限りで日本から撤退している。

現在、「Solarin」は英国現地ショップかオンラインでの購入が可能だが、はたして日本のスマホユーザーのなかに、実際に購入する人はどの程度いるのだろうか?
(金子則男)


記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/9(木) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。