ここから本文です

長瀬智也「TYTD」と人気漫画「土竜の唄」がコラボ!

Smartザテレビジョン 6/9(木) 7:00配信

長瀬智也主演映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」が6月25日(土)より全国公開されるのを記念して、ビッグコミックスピリッツで連載中の漫画「土竜の唄」との奇跡のコラボが実現した。

【写真を見る】長瀬智也も仰天の奇跡のコラボ!

同漫画の実写化作品である、生田斗真主演映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」('14年)の脚本を宮藤が手掛けていることもあって実現した今回のコラボ企画。

「土竜の唄」原作者の高橋のぼる氏が、もしも「土竜の唄」の主人公・菊川玲二が、宮藤が作り上げた「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の地獄の世界に落ちたら…という奇想天外な発想を基に、26ページにわたる特別読切漫画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ~菊川玲二編~」を執筆した。そして全く違う2作品の世界観が見事に融合した奇跡のコラボ漫画が生まれた。

コラボ漫画では、長瀬演じる映画の主人公・キラーKをはじめ、桐谷健太演じるCOZY、清野菜名演じる邪子など映画のキャラクターたちが勢ぞろい。地獄専属ロックバンド「地獄図(ヘルズ)」として活動しているキラーK、COZY、邪子の3人は、なぜか地獄に落ちてしまった玲二と出会う。

さらに他のキャラクターたちはどんな登場の仕方をするのか、注目したいところだ。

コラボ漫画を読んだ主演の長瀬は「コラボ漫画を見せていただき、ものすごい臨場感で、映画にはない漫画でしか表現できないものもあり、嫉妬すら覚えました。キャラクターの顔も似ていて雰囲気までそっくりで驚きです。最後までくぎ付けでした。そしてもっと見たくなっている自分がいます」と、絶賛した。

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ~菊川玲二編~」は、6月20日(月)発売のビッグコミックスピリッツ30号に1話読切として掲載。また、6月30日ごろに発売予定の「土竜の唄」49巻に緊急収録されることも決まった。

さらに、ビッグコミックスピリッツ30号では、宮藤と高橋のスペシャル対談も掲載される。誰も見たことがない“超絶地獄”コメディー映画と「土竜の唄」の奇跡のコラボレーション。長瀬のファンも「土竜の唄」のファンも、“バッチ来ーい!”な仕上がりをチェックしよう。

最終更新:6/9(木) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。