ここから本文です

【自転車レース】クリテリウム・デュ・ドーフィネ第3ステージはアルーが逃げ切り優勝!

CYCLE SPORTS.jp 6/9(木) 7:34配信

総合首位はコンタドールがキープ

第68回クリテリウム・デュ・ドーフィネ(UCIワールドツアー)は、6月8日にボエン・シュル・リニョンからトゥルノン・シュル・ローヌまでの187.5kmで第3ステージを競い、ゴールまで残り22kmのセシュラス峠(カテゴリー2)でメイン集団からアタックしたイタリアのファビオ・アルー(アスタナ)が、そのまま逃げ切って区間初優勝した。

メイン集団は2秒遅れで集団ゴールスプリントを競い、アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)がトップでゴールした。マイヨ・ジョーヌはスペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ)が守った。

■ツール初挑戦を控え、ドーフィネで初区間優勝したアルーのコメント「紙の上では簡単な日だったが、一日中厳しかった。今シーズンの目標はツール・ド・フランスで、できる限り準備をしようと思っている。その意味でドーフィネは重要なレースだから、勝つことができてとても幸せだ」


■第3ステージ結果[6月8日/ボエン・シュル・リニョン~トゥルノン・シュル・ローヌ/187.5km]
1 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)4時間19分54秒
2 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ/ノルウェー)+2秒
3 ニッコロ・ボニファツィオ(トレック・セガフレード/イタリア)+2秒
4 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+2秒
5 エドワルド・ボアソンハーゲン(ディメンションデータ/ノルウェー)+2秒
6 サム・ベネット(ボーラ・アルゴン18/アイルランド)+2秒
7 ダリル・インピー(オリカ・グリーンエッジ/南アフリカ)+2秒
8 ナセル・ブアニ(コフィディス/フランス)+2秒
9 エンリーコ・ガスパロット(ワンティ・グループゴベール/イタリア)+2秒
10 アルチュール・ビショー(FDJ/フランス)+2秒
134 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+8分37秒

■第3ステージまでの総合成績
1 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)13時間13分10秒
2 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+6秒
3 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+13秒
4 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+21秒
5 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+24秒
6 ヘスス・エラダ(モビスター/スペイン)+27秒
7 アダム・イエーツ(オリカ・グリーンエッジ/英国)+31秒
8 ディエゴ・ローザ(アスタナ/イタリア)+37秒
9 ダニエル・ナバロ(コフィディス/スペイン)+43秒
10 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+48秒
149 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+28分25秒

[各賞]
■ポイント賞:ナセル・ブアニ(コフィディス/フランス)
■山岳賞:アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)
■新人賞:ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)
■チーム成績:チームスカイ(米国)

最終更新:6/9(木) 7:34

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円