ここから本文です

不妊のメカニズムを解明する新たな研究

Meiji.net 6/9(木) 15:43配信

不妊のメカニズムを解明する新たな研究
加藤 幸雄(明治大学 農学部 教授)

 ヘルペスウイルスは、唇の周辺や性器などに小さな水ぶくれを起こし、痛がゆい症状が出る病気、ヘルペスの原因となるウイルスとして知られていますが、このヘルペスウイルスが不妊の原因ともなっているのではないかという研究が進んでおり、いま注目されています。

◇ラットの実験で判ったヘルペスウイルスによる不妊

 人に感染するヘルペスウイルスは8種類が知られています。そのうち、単純ヘルペスウイルス1型は唇の周りや性器で発症する種類で、日本人の7~8割が感染しているのではないかといわれています。主として性器などで発症するウイルス2型も、1割弱の人が感染しているといわれます。とても身近なウイルスといえます。
 ヘルペスウイルスに感染したからといってすぐに発症するわけではなく、このウイルスは神経節や脊髄神経に潜伏し、身体の抵抗力が衰えたときなどに発症することがわかっています。また、ヘルペスウイルス感染と不妊との関係については以前から指摘があり、研究されていますがはっきりとしたことは判っていません。

 私たちは、下垂体のホルモン遺伝子の発現制御を調べるために、ヘルペスウイルスI型のチミジンキナーゼという酵素遺伝子を利用したトランスジェニックラット(人為的に外来遺伝子を導入し発現させるようにした実験動物)を作製して実験を行っていました。
 このチミジンキナーゼはウイルスの遺伝子がDNAを合成するときに必要な酵素です。ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼの活性を標的にした、ウイルス感染症の治療も行われています。
 この動物実験を行っていると、雄のラットに不妊が多発することに気がつきました。そこで精巣を調べたところ、ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが精巣でも発現しており、そこでは精子形成に異常が見られたのです。
 雌では、下垂体でしかヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼは発現していませんでした。ヘルペスウイルスは神経節や脊髄神経性に潜伏し、精巣には存在しないと考えられていたのですが、精巣の中にもヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼ遺伝子を働かせる仕組みが備わっていることが判ったのです。

 さらに研究を続けると、この酵素遺伝子が精巣で発現しているラットは、生後3ヵ月くらいから精子に異常が出始め、段々精子を形成できなくなっていくことが判りました。


◇不妊のメカニズム解明につながる期待も

 ラットの実験では、ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼによって精子ができなくなり、雄が不妊になることが判りましたが、人ではどうなのか判りませんでした。
 しかし、中国の産婦人科の医師と共同研究することができ、不妊の男性のサンプルをもらって調べたところ、ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが精巣で発現しているケースがあることが判ってきました。
 しかし、ヘルペスウイルスに感染したからといって、すぐに不妊になるというわけではありません。何らかの要因でヘルペスウイルスが精巣で発現したときに、精子形成に異常が起こると考えられます。

 その要因が何であるのか、また、なぜヘルペスウイルス遺伝子、特にヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが発現することで精子を作る能力がなくなってしまうのか、それは判っていません。
 例えば、下垂体でこの酵素遺伝子が発現しても、周りの細胞に何の変化もないのです。精子形成に影響を及ぼす原因の特定については、まだまだ研究が必要です。

 今後、この研究がさらに進展し、ヘルペスウイルスの感染が男性不妊の原因のひとつであり、その機序が判れば、診断法の開発や、治療法、治療薬の開発につながっていくと思います。
 また、この研究によって精子ができる仕組みの基本的なことが判れば、精子形成をより安定にする方法が開発でき、生殖能力の向上につながるかもしれません。
 さらに、精子形成過程で円形精子細胞においてヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼが発現すると、精子形成の異常や不全が起きるのですが、その仕組みが判れば、精子形成を完全にシャットアウトするのではなく、服用したときだけ精子形成を崩す男性避妊薬を開発することもできるかもしれません。
 ひとつの基礎研究の成果が、様々な形で応用につながっていくのです。

1/2ページ

最終更新:6/9(木) 15:43

Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。

Meiji.netの前後の記事