ここから本文です

アーセナルOB、ヴァーディーの移籍話に苦言「彼はレスターが適している」

フットボールチャンネル 6/9(木) 7:40配信

 かつてアーセナルでプレーしていたポール・マーソン氏が、レスター・シティからの移籍が噂されているイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーについて言及した。8日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【表】イングランド・プレミアリーグ順位表

 アーセナルはヴァーディーの獲得を目指しており、今週中にも移籍金2000万ポンド(約31億円)で交渉が成立する見通しと報じられていた。今季公式戦38試合出場で24得点を決めているストライカーの加入が近づいていると聞いて、ヴァーディーファンと公言するマーソン氏は失望した様子を見せている。

「私はショックを受けている。びっくり仰天だよ。私の考えとしては、ヴァーディーはレスターが適していると思っている。彼はレスターにとって最適な選手なんだ。彼は様々な手段を考え、非常に速くボールを前に運ぶ。彼は大混乱を引き起こし続けるんだ。彼がアーセナルに行くのは見たくないね。これは彼への無礼ではない。彼がゴールできないとは言わないが、十分な機会をアーセナルで得ることができるとは思えない。アーセナルの戦い方は、前方にボールを運ぶまでに時間がかかるんだ」

 レスターでは大きな活躍を見せたヴァーディー。しかし、戦い方が異なるアーセナルに移籍した場合、得点機会が減るのではないかとマーソン氏は危惧しているようだ。アーセナル移籍が近づいているとされるヴァーディーだが、果たして来季はどのような活躍を見せるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/9(木) 8:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。