ここから本文です

ミランの名誉会長、心臓手術が必要に? 入院期間が延びる可能性も

フットボールチャンネル 6/9(木) 11:50配信

 病院に入院しているミランのシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が、近いうちに心臓手術を行う可能性がでてきたようだ。8日に伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ベルルスコーニ名誉会長は現地時間7日、突然体調不良を訴え、病院に緊急搬送された。ベルルスコーニ会長は数年前にペースメイカーを装着しており、以前から体調面に問題を抱えている。

 同紙によると、近日中にも心臓手術を行う可能性がでてきたとのこと。入院中に検査をしたところ、バルブに異常が見られたようだ。命に別状はないものの、入院期間が延びるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/9(木) 11:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革