ここから本文です

“鬼軍曹”マガトが中国クラブに来襲。現地メディアも…「悪魔の訓練に耐えられるか?」

フットボールチャンネル 6/9(木) 13:50配信

 中国スーパーリーグの山東魯能は、フェリックス・マガト氏を新監督に迎えることを発表した。

 同クラブは元ブラジル代表監督のマノ・メネゼス氏が率いていたが、国内リーグ戦では2勝3分6敗の14位と低迷。ACLではベスト8に進出しているが、メネゼス氏は解任となった。

 マガト氏は、J1サガン鳥栖の監督に就任するのではという噂もあったが、最終的には実現することはなかった。

 監督就任にあたり、「新たなクラブ、スタッフ、選手との仕事を楽しみにしている。私は強くなる中国サッカーに興味を持っていた。この仕事ができることを光栄に思う」と喜びを語っている。

 アメリカ軍人の父を持つマガト氏は、選手に軍隊式のトレーニングを課すことで知られ、“鬼軍曹”として恐れられてきた。

 山東魯能にはシャルケ時代にマガト氏のもとでプレーしていた中国代表MFハオ・ジュンミンが所属している。

 再びマガト氏のチームでプレーすることになったハオ・ジュンミンは、中国メディア『網易体育』に対して当時の過酷なトレーニングについて振り返った。

「最初の数日間、トレーニングで多くの選手がおう吐していた。僕は大丈夫だったけど、一度だけ少し吐いてしまったね。オーストリアのキャンプはかなりきつかった。僕にとっては最もつらい練習だった」

 国内リーグで低迷しているだけに、マガト氏は再びハードなトレーニングを課すことが考えられるが、同メディアは「今回は、ハオ・ジュンミンは“悪魔の訓練”に耐えることができるか?」と伝えている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/9(木) 13:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。