ここから本文です

C・ロナウド、一人でロシア代表“市場価値”超え! イングランドがEURO一価値ある代表に

フットボールチャンネル 6/9(木) 20:30配信

 クリスティアーノ・ロナウドはEUROにおいて、たった一人で小国の代表チーム全体を超える市場価値を誇っているようだ。

 スイスにあるスポーツ研究国際センター(CIES)は8日、EURO2016に参加する全ての代表チームの市場価格の合計額を発表した。EURO2016に参加する選手の中で最も市場価格の高い選手は、ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドで1億3780万ユーロ(約168億円)だ。その額は、最低額のハンガリー、ルーマニア、アルバニア、スロバキア、北アイルランド、アイスランド、チェコ、アイルランド、スウェーデン、ロシア、ウクライナ、そしてオーストリアの12ヶ国のそれぞれの代表チームの合計額をも上回る額である。

 一方で、代表チーム全体では7億5100万ユーロ(約915億円)の価値があるイングランド代表が最高額の代表チームであることを明かした。

 CIESのデータによると、イングランドの次に高い額の代表チームは、開催国のフランス代表で6億9690万ユーロ(約849億円)となっている。3位は、前大会に優勝したスペイン代表で6億3890万ユーロ(約779億円)。4位はドイツ代表で6億140万ユーロ(約733億円)、5位はベルギー代表で5億5020万ユーロ(約670億円)となっている。

 6位はポルトガル代表で4億4990万ユーロ(約548億円)であり、そして7位は、前大会に準優勝したイタリア代表で3億2760万ユーロ(約399億円)。史上初の本大会出場を決めたウェールズは10位で1億9260万ユーロ(約234億円)であり、最も市場価格の高い選手は、レアル・マドリーに所属するガレス・ベイルで8080万ユーロ(約98億)となっている。

 欧州各国のスター選手が揃い豪華絢爛な大会となっているEURO。それぞれの代表が抱える“看板選手”に注目してみるのも一興かもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/9(木) 20:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革