ここから本文です

HaKU、8月に解散 ベストアルバム発売&全国3カ所ラストツアー開催へ

リアルサウンド 6/9(木) 21:45配信

 HaKUが、8月18日に東京・代官山UNITにて開催するライブをもって解散することを発表した。

 HaKUは、2007年に大阪で結成し、2012年10月<EMI RECORDS>よりメジャーデビュー。2015年4月には<UNIVERSAL J>へレーベル移籍し、同年11月ドラマ『監獄学園 -プリズンスクール-』オープニングテーマ主題歌を表題曲としたシングル『衝動』をリリースした。オフィシャルホームページでは、辻村有記(Vo./Gt.)のコメントを掲載している。

 また、8月10日にはベスト・アルバム『HaKU』をリリース。2009年にインディーズにてリリースした『WHITE LIGHT』収録の「光」から最新作「衝動」までを収録し、新曲「red or blue」「ファンタスティックミラーボール」の2曲も収められる。初回盤に付属するDVDには、これまでの楽曲のMVを収録。その中に収められる新曲「red or blue」のMVでは、次世代型エンターテイメント集団“白A”とのコラボレーションが実現している。

 さらに、8月9日の大阪・OSAKA MUSEを皮切りとした全国3カ所でのHaKU Last Tour『最後まで踊れ。』を開催。ツアーラストは8月18日に東京・代官山UNITにて行う。チケットは、6月13日よりオフィシャルHP一次先行の受付を開始する。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/9(木) 21:45

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。