ここから本文です

CL準優勝の立役者! アトレティコの仏代表エース、契約延長で121億円選手に

フットボールチャンネル 6/9(木) 21:10配信

 アトレティコ・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)準優勝の立役者がクラブへの愛を貫くようだ。8日、スペイン紙『アス』など複数メディアが報じている。

 現在、地元開催のEURO制覇を狙うフランス代表に合流中のグリーズマンは、まだ正式なサインには至っていないものの、すでに口頭レベルではアトレティコとの契約延長に合意しているということだ。これにより、契約期間は2021年までとなり、違約金も1億ユーロ(約121億円)にまで引き上げられるということだ。

 アトレティコとディエゴ・シメオネ監督への愛情を隠すことなく公言していた25歳のストライカーは、昨季はリーグ戦38試合フル出場し22ゴールをマークする目覚ましい活躍を見せたが、チャンピオンズリーグ、リーガエスパニョーラのタイトルにはあと一歩のところで手が届かなかった。

 多くのビッグクラブの獲得候補に名前が挙げられる中で今季も残留を選択したグリーズマン。契約問題が早々に片付きそうなことで、来るEUROでの爆発も期待できそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/9(木) 21:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。