ここから本文です

【EURO2016】ドイツ代表、リュディガー離脱を受けて20歳のターを追加招集

SOCCER DIGEST Web 6/9(木) 20:14配信

レーブ監督もリュディガーの離脱を惜しむ。

 6月8日、ドイツ・サッカー連盟は6月7日の練習中に右膝前十字靱帯を断裂したDFアントニオ・リュディガーの離脱を受け、レバークーゼン所属のDFヨナタン・ターを追加招集したと発表した。
 
 ヨアヒム・レーブ監督は「アントニオについてはとても残念だが、ターは素晴らしい進歩を続けている。ただ、最初のウクライナ戦はジェローム・ボアテングとベネディクト・ヘーベデスやスコドラン・ムスタフィがCBの選択肢として入ってくるだろう」とリュディガーの離脱を惜しみつつも、具体的に名を挙げて、守備陣について説明した。
 
 なお、5月22日のDFBカップ決勝で負った故障のため別メニュー調整を続けていたマッツ・フンメルスがボールを使ったトレーニングを開始。6月16日のグループステージ2戦目となるポーランド戦での復帰に向けてDFリーダーのリハビリの経過は良好なようだ。

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

最終更新:6/9(木) 22:33

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。