ここから本文です

鎮火成功? ファンキー加藤の“初動”を評価する声

R25 6/10(金) 7:01配信

ベッキーに続き、世間に衝撃を与えたファンキー加藤の不倫騒動。衝撃の理由は、ポジティブ、誠実といったイメージだった両者と、不倫というスキャンダルのギャップだろう。

Twitter上では、

「ファンキー加藤やベッキーみたいな上っ面なポジティブなイメージや爽やかな恋愛ソングを歌ってるヤツに限ってこうなんだよな」
「ベッキーみたいな良い子!ポジティブ!優等生売りのタレントとかファンキー加藤みたいな青春真っ盛り!サラリーマン頑張れ!みたいな歌出してる歌手が不倫してるとか考えるとイメージ通りじゃない人間が多くてビックリするな」
「どんなに誠実そうに見えても裏ではやることやってるんだなーー。。ベッキーとファンキー加藤さん。。」

など、やはりショックを受けたというコメントや反発する声が続々と投稿されている。

しかし、ファンキー加藤が6月7日に会見で報道陣からの質問に答えたことにより、“ベッキーとの違い”を指摘する声も多い。

「不倫の是非は置いといて、同じ不倫でもベッキーは嘘だらけの上辺だけの会見、ファンキー加藤はマスコミへの具体的な誠実な会見。真逆のお手本のような会見ですなぁ」
「ファンモン加藤の記者会見が潔くて、嫌悪感がない(・∀・)ベッキー達とは大違い」
「ファンキー加藤は嘘をつかずに、きちんと反省した。嘘を繰り返したベッキーとは大違いだな…」

など、相手を「友達」だと主張したベッキーに対し、「記事に書いてあることはすべて事実」など、自分の非を認めたファンキー加藤の会見を評価する声が目立つ。

「誠実だったら不倫はOKなのかよ!?」というツッコミの声はあるが、ファンキー加藤がベッキーほどの“炎上案件”になっていないのは、“初動”の差だったといえそうだ。
(花賀 太)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/10(金) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。