ここから本文です

横向き派もグッスリ!「ヨコムキーネ」 

東京ウォーカー 6/10(金) 8:00配信

仰向けで寝るといびきをかきやすくなったり、睡眠時無呼吸症候群に陥りやすくなったりということから、実は横向き寝のほうが体への負担が少ないともいわれ、東洋医学では横向き寝を推奨している。しかしなかなか慣れない横向き寝では寝返りを打ちづらいためか、朝起きた時に肩や腰に痛みが走ることもある。

【写真を見る】硬さの異なるウレタン素材が、負担のない自然な横向き寝の姿勢をサポート

そんな横向き派の人に心強い快眠グッズが登場した。横向きの姿勢でも寝返りがしやすく睡眠が快適になる横向き寝専用枕「ヨコムキーネ」だ。このヨコムキーネは枕の表面が平らで寝返りがしやすい構造になっており、腰や内臓への負担を軽減してくれ目覚めもすっきりだ。枕は8.5cmという肩幅のサイズを元に導き出された高さで、負担のない自然な横向き寝の姿勢を保つことができる。寝ている間の呼吸が楽になり深い眠りを得られそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/10(金) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。