ここから本文です

「羽海野チカの世界展」ハチクロ、3月のライオンほか原画展示

KAI-YOU.net 6/10(金) 13:55配信

漫画家・羽海野チカさんの展覧会「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」が、8月4日(木)から17日(水)にかけて東京・西武池袋本店 別館2階にて開催される。

【圧倒的支持を集める漫画家・羽海野チカの関連画像】

長編デビュー作『ハチミツとクローバー』や、TVアニメ&実写映画化が決定している『3月のライオン』の2作品を中心に、150点以上もの原画展示やイベントオリジナルグッズの販売が行われる。

「羽海野チカの世界展」巡回も予定

羽海野チカさんは、等身大の美大生を描いた青春群像劇『ハチミツとクローバー』で2000年に長編作デビューを果たし、男女問わず数多くのファンを獲得。TVアニメ『東のエデン』のキャラクター原案を手がけたことでも知られる。

プロ棋士・桐山零の成長を描く『3月のライオン』は、2016年秋よりNHK総合テレビにてアニメ放送を控えているほか、2017年には神木隆之介さん主演による実写映画化も決定している。

今回開催される「羽海野チカの世界展」では、『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』を中心とした原画や、絵本やキャラクターをテーマとした雑誌『月刊MOE』に掲載された描き下ろしイラストや、愛猫・ブンちゃんのイラストなども展示。

複製原画をはじめとしたイベントオリジナルグッズも用意されているほか、羽海野チカさんのイメージキャラクター・ウミノグマの指人形付き前売券が、6月30日(木)より発売される。

「羽海野チカの世界展」は、西武池袋本店を皮切りに巡回も予定されている。詳しい展示内容や販売グッズは、『3月のライオン』を連載中の青年コミック誌『ヤングアニマル』や、『3月のライオン』公式Webサイト、Twitterにて順次告知される。

かまたあつし

最終更新:6/10(金) 13:55

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。