ここから本文です

【ゴルフ】ピンチをチャンスに変える! とっておきの対処方法教えます

エイ出版社 6/10(金) 17:30配信

必殺技的な対処方法を紹介

スコアメイクに欠かせないことのひとつに、リカバリーショットが上げられます。一打目で曲げてもクヨクヨしない。ミスが多くなるシチュエーションでの、必殺技的な対処方法を紹介します。

Lesson01:ラフからアイアンを上手く打ちたい!

「フェースを少しだけ開く」
ネックに芝が絡まることでフェースがインパクトで返りやすくなる。それを計算してフェースを少し開いて構えよう。そうするとヘッドの抜けが良くなり、飛距離も出る。おまけに引っ掛けのミスも出にくくなり、良いこと尽くしなのです。

POINT:打ち込まずにノーコックで振る

手首を使うと入射角が鋭角になるので、ラフからはノーコックを意識しよう。

Lesson02:林の中から確実に出す

「右足の外側にボールをセット」
トラブル時には、いつもよりゆっくり振ることが大切。球の行方を追わずに、しっかりインパクトの形を作ろう。右足の外側にボールを置き、アプローチと同じようにコンパクトに振れば低い球が打てる。

POINT:打ちたい高さをきっちりイメージする

【A】枝の高さをきっちり頭に入れて、打ちたい高さに応じた番手を選ぼう。
【B】ライナーよりもゴロを打つくらいの気持ちの方が上手くいく。


解説:西村至央
1977年生まれ。専修大学ゴルフ部出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。鎌倉CCなど神奈川を中心にレッスン活動している。

(EVEN編集部)

最終更新:6/10(金) 17:30

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。