ここから本文です

フランス代表、救世主はカンテか。優勝目指すホスト国。期待集めるグリーズマンらの攻撃陣

フットボールチャンネル 6/10(金) 10:20配信

 現地時間10日、スタッド・ド・フランスでルーマニアとのEURO2016開幕戦に臨むフランス代表。セックステープ問題でベンゼマを欠き、ヴァランなど主力数人が直前で離脱するハプニングはあったが、それでもレ・ブルーの陣容は充実ぶりを見せている。1984年、2000年に続く欧州制覇はなるだろうか。(文:小川由紀子【パリ】)

大会直前にメンバー変更が相次いだ守備陣

 今回のEUROに挑むフランス代表については、清々しいほどに突き抜けて頂上まで到達するか、信じられないほど崩れて底辺に沈むか、両極端になるような気がしている。

 その理由は、大会直前のチーム変更だ。

 5月12日に予備要員も含む仮メンバーを発表してから、まず、ディフェンスの要であるラファエル・ヴァランが肉離れで離脱。ヴァランは5月22日から23日にかけて、マドリードからクレールフォンテーヌまで赴いて代表担当のメディカルスタッフの診断を受けたのだが、プレーできる状況に回復するまで最低4週間かかるという診断を受けた。

 この時点から4週間となると、グループリーグの3試合は絶望的。ということで、デシャン監督は、彼をメンバーから外す苦渋の決断を下した。

 その後間もなく、同じセンターバックのジェレミー・マテューもスペイン国王杯の決勝戦でふくらはぎを痛めて欠場が決定。

 そんな、ただでさえ人材難の守備陣の相次ぐ怪我に、さらなる追い打ちをかけたのが、アンカーとして期待されていたラサナ・ディアラの離脱だ。5月30日のテストマッチ、対カメルーン戦に先発出場したディアラは、ハーフタイムに退きエンゴロ・カンテと交代した。

 ディアラは以前から左膝負傷を患っていたのだが、限界に来ていたのか、この試合のあと自らデシャン監督に本大会への出場は無理だと進言したのだった。

 ヴァランの代わりに招集されたのは、アディル・ラミ。今季はセビージャで主力としてプレーし、見事優勝したヨーロッパリーグでも先発出場した。

 マテューの代役にはリヨンのサミュエル・ウンティティ。まだ22歳と若いが、リヨンではすでに数シーズン、レギュラーとしてプレーしたキャリアがある。そしてラサナ・ディアラの穴を埋めることになったのが、モルガン・シュナイデルランだ。

1/4ページ

最終更新:6/10(金) 10:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。