ここから本文です

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』詳細発表 テーマは「顕微鏡でのぞいたLOVE」

リアルサウンド 6/10(金) 14:48配信

 坂本慎太郎が、7月27日にリリースする3rdアルバム『できれば愛を』の詳細を発表した。

 前作『ナマで踊ろう』から2年ぶりにリリースする同作は、「顕微鏡でのぞいたLOVE」をテーマに制作した10曲を収録。テーマを可視化したアルバムアートワークもあわせて公開している。

 参加メンバーは前作に引き続き、菅沼雄太(ドラム)、AYA(OOIOO/ベース)。トリオのバンド編成で昨年夏から入念なリハーサルを重ねた後、レコーディングを行ったという。そのほかゲストプレイヤーに、西内徹(サックス&フルート)、中村楓子(コーラス)、今回初参加の石橋英子(マリンバ)、佐々木詩織&沼田梨花(コーラス)、エンジニア/マスタリングは中村宗一郎が担当している。

 また、フォーマットはCD/LP(アナログ)、カセットテープ、デジタル/ハイレゾにて同時発売する。CDは初回生産盤/通常盤共にBONUS CDとして、アルバム全収録曲のインストバージョン10曲入りCDを付属した2枚組、初回生産盤は紙ジャケ仕様。LPは1枚組+mp3DLカード付きとなる。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/10(金) 14:48

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。