ここから本文です

『アリス・イン・ワンダーランド』続編、ミア・ワシコウスカ&ジェームズ・ボビン監督の来日決定

リアルサウンド 6/10(金) 19:00配信

 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の日本公開に先駆け、ミア・ワシコウスカとジェームズ・ボビン監督の来日が決定した。

 本作は、『アリス・イン・ワンダーランド』の続編で“時間”をテーマにしたファンタジー。再びワンダーランドへと誘われたアリスが、悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うために時間をさかのぼり、運命に逆らう模様を描く。

 主人公アリス役を演じるワシコウスカのほか、マッドハッター役にジョニー・デップ、白の女王役にアン・ハサウェイ、赤の女王役にヘレナ・ボナム=カーターらが引き続き出演する。また、物語の重要なキーとなる“時間”を司るタイム役を『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンが演じる。

 6年前、ほぼ無名ながらもアリス役に抜擢されたワシコウスカは、前作で初来日を果たして以来、今回が約6年3ヶ月ぶりの来日となる。また、このたびの来日を記念して、記者会見とジャパン・プレミアイベントが開催されることが決定した。巨大な時計や歯車で彩られた、新キャラクター・タイムの城を表現したセットや幻想的なワンダーランドをイメージした装飾が施される予定だ。なお、ワシコウスカとボビン監督の来日は、6月20日、21日を予定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/10(金) 19:00

リアルサウンド