ここから本文です

ウルグアイ、まさかの連敗でコパ敗退決定。出場要請を断られたスアレスは怒り爆発でビブス投げ捨て

フットボールチャンネル 6/10(金) 13:16配信

 現地時間9日、コパ・アメリカのグループC第2節が行われ、ウルグアイはベネズエラに0-1で敗れた。

 メキシコとの初戦を1-3で落としたことで後がないウルグアイだったが、36分にウェスト・ブロムウィッチ所属のサロモン・ロンドンに決勝点を決められて完封負けを喫した。

 その直後に行われた試合で、メキシコがハビエル・エルナンデス・“チチャリート”(レバークーゼン)などのゴールにより2-0でジャマイカを下した。

 これにより、ベネズエラとメキシコの決勝トーナメント進出が決定。ウルグアイはグループステージ突破の本命されてきたが、まさかの2連敗により敗退が決定した。

 また、バルセロナのルイス・スアレスには最後まで出場機会は訪れなかった。スアレスは5月22日の国王杯決勝セビージャ戦で負傷交代。コパ・アメリカのメンバーには名を連ねたものの、メキシコ戦では出場が見送られていた。

 第2戦のベネズエラ戦でベンチに座っていたスアレスはオスカル・タバレス監督に交代出場を申し入れたが、断られてしまったことで怒りを露わにした。米放送局『FOXスポーツ』などが伝えている。

 0-1のビハインドを追う状況で出場要請を断れたスアレスは、着用していたビブスを投げ捨て、ベンチの壁を強く叩いた。

 スアレスの要求を拒否したタバレス監督は試合後、「彼はプレーする準備ができていなかった。これはドクターの意見だ。たとえ選手が怒っていても、100%ではない選手をプレーさせるわけにはいかない」と、スアレスをプレーさせなかった理由を明かしている。

【グループC 結果・順位表】
ウルグアイ 0-1 ベネズエラ
メキシコ 2-0 ジャマイカ

1.メキシコ(6) ※決勝T進出
2.ベネズエラ(6) ※決勝T進出
3.ウルグアイ(0)
4.ジャマイカ(0)

フットボールチャンネル

最終更新:6/12(日) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革