ここから本文です

ラミレス、中国移籍もわずか半年で欧州復帰を希望!?「いつかイタリアでプレーしたい」

フットボールチャンネル 6/10(金) 18:37配信

 中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に所属するブラジル代表MFラミレスは、再び欧州でプレーすることへの希望を語った。

 江蘇蘇寧の親会社である江蘇グループは、インテルの株式70%を取得したことで筆頭株主となっている。

 これによって江蘇蘇寧は欧州とのつながりを深めることとなったが、ブラジルメディア『グローボ・エスポルテ』のインタビューで、ラミレスは将来的にイタリアでプレーしたいと語った。

「クラブの代表者は、この合意が僕の将来に影響があるのかどうかを直接話していない。僕はイタリアでプレーしたいと思っているけど、将来はどうなるかわからないね。もし状況が変わるのであれば、代理人や家族と話して将来をはっきりさせたい」

 今年1月、ラミレスは2800万ユーロ(約34億円)の移籍金でチェルシーから江蘇蘇寧に移籍したばかりだが、わずか半年で欧州に復帰することはあるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/10(金) 19:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。