ここから本文です

ジダン、マンU守護神デ・ヘア獲得の見送りを決断。現GKを信頼か

フットボールチャンネル 6/10(金) 21:20配信

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はGKダビド・デ・ヘアの獲得を見送ることを決断したようだ。9日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 マンチェスター・ユナイテッドの守護神GKデ・ヘアは昨夏マドリーへの移籍があと一歩というところまで迫ったものの、手続きの不備で移籍が破談となった。約10ヶ月間にも渡った交渉だっただけに、マドリーはもう一度今夏にデ・ヘア獲得に挑戦するとみられていた。

 しかし、今季GKケイラー・ナバスが驚異的なパフォーマンスをみせたことで、ジダン監督は同守護神を信頼することを選んだようだ。昨夏の加入当初はあまり期待されていたなかったナバスだが、見事なセービングを連発しマドリーのチャンピオンズリーグ制覇の立役者の一人となっている。

 就任一年目にしてマドリーに11回目のビッグイヤーをもたらしたジダン監督。果たして、守護神選びの決断は吉と出るのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/10(金) 21:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。