ここから本文です

川崎、鹿島、浦和が激しく争うJ1・第1ステージの覇権争い。川崎の最短優勝はいつ?

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 6:00配信

鹿島か浦和が18日に第1ステージを制す可能性も。

 今季のJ1リーグ・第1ステージがいよいよ大詰めを迎えている。残り3節となった第1ステージの優勝争いは上位3チーム──川崎(勝点31)、鹿島(勝点30)、浦和(勝点27)に絞られた感もあるが、状況をややこしくしているのが浦和の消化試合数の少なさだ。
 
 浦和は、14節を終えて消化試合が川崎と鹿島よりふたつ少ない(12試合)。6月11日の鹿島戦から2週間で5試合をこなすハードスケジュールになっており、そんな浦和の勝敗が優勝争いで大きなポイントになってくるのは間違いない。
 
 暫定1位の川崎が最短で優勝する可能性は、6月18日。例えば、川崎が11日の横浜戦、18日の福岡戦に連勝して勝点を「37」に伸ばしたとする。そのうえで、暫定2位の鹿島がここからの2試合を1勝1敗(残り1試合で勝点33)以下、さらに暫定3位の浦和が1勝2敗か3引き分け(ともに残り2試合で勝点30)以下になれば、川崎の優勝は決まる。

 川崎が1勝1分けで乗り切った場合(残り1試合で勝点35)も、11日の浦和×鹿島戦が引き分けに終わったうえで、18日の試合結果を受けて鹿島が1分け1敗(残り1試合で勝点31)、浦和が1分け2敗(残り2試合で勝点28)となれば、川崎の優勝が決まる。いずれにしても、川崎の優勝条件は複雑だ。

 展開次第では鹿島もしくは浦和が18日に第1ステージを制すこともあるが、それは可能性としてかなり低そうだ。
 
 現状で川崎を追いかける浦和と鹿島にとってはひとつの黒星が致命傷になっても不思議はないので、両者が6月11日に埼玉スタジアムで激突する一戦は大注目。ちなみに、4位の大宮(勝点25)は残り3試合に全勝しても勝点34までしか伸ばせず、第1ステージ制覇への道のりは極めて険しい。
 
 

上位3チームの今後のスケジュールは?

 さて、ここからは上位3チームのここまでの成績と今後の対戦相手をチェックしよう。
 
1位(勝点31) 川崎フロンターレ
●第1ステージ成績(14節終了現在)/9勝4分1敗 27得点・13失点
●今後の対戦スケジュール
6/11(土) 横浜(A) 15時キックオフ
6/18(土) 福岡(A) 19時キックオフ
6/25(土) 大宮(H) 19時キックオフ
 
 鹿島、浦和と同じくアウェーが2試合。曲者・横浜を叩いて波に乗れれば、福岡戦、大宮戦でも攻撃サッカーで圧倒しそうだ。
 
2位(勝点30) 鹿島アントラーズ
●第1ステージ成績(14節終了現在)/9勝3分2敗 23得点・9失点
●今後の対戦スケジュール
6/11(土) 浦和(A) 19時キックオフ
6/18(土) 神戸(A) 19時キックオフ
6/25(土) 福岡(H) 19時キックオフ
 
 浦和戦の結果次第と言えそうだ。このまま川崎に食らいついて、プレッシャーをかけたい。
 
3位(勝点27) 浦和レッズ
●第1ステージ成績(14節終了現在/12試合消化)/8勝3分1敗 18得点・6失点
●今後の対戦スケジュール
6/11(土) 鹿島(H) 19時キックオフ
6/15(水) G大阪(A) 19時キックオフ
6/18(土) 広島(A) 19時キックオフ
6/22(水) FC東京(H) 19時半キックオフ
6/25(土) 神戸(H) 19時キックオフ
 
 鹿島、G大阪、広島と嫌な相手を残す。自力優勝の可能性を残しているとはいえ、対戦相手の顔ぶれはなかなか厳しい。
 
 
 

最終更新:6/10(金) 15:26

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。