ここから本文です

【EURO2016開幕直前展望】「バトル・オブ・ブリテン」がグループの趨勢も左右する重要な一戦に――グループB

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 6:00配信

イングランド×ウェールズの“身内対決”は激戦必至の好カード。

 タレントの質と量で抜きん出ているイングランドが本命で、対抗はベイルという“飛び道具”を擁し、チームのまとまりもあるウェールズだろう。この両国が激突する「バトル・オブ・ブリテン」は、グループの趨勢も左右する文字通り重要な一戦となる。
 
 ともにプレミアリーグに所属する選手がほとんどで、互いに手の内を知り尽くす。2節に組まれ、メジャー大会で初めて実現するこの“身内対決”は、いずれにしても白熱の好ゲームとなるはずだ。
 
 もちろん、ロシアとスロバキアも侮れない。スルツキ監督の下で生まれ変わったロシアは、ジューバという待望のエースが台頭。グループの結束力も高まっているだけに、ジャゴエフの離脱も致命傷にならないかもしれない。
 
 スロバキアは、シュクルテル、クツカ、ハムシクと西欧のビッグクラブで活躍する一線級で固める背骨が骨太で、ハムシクが指揮するカウンターは切れ味が抜群。番狂わせを演じる力はあるはずだ。
 
【グループステージ勝ち抜け予想&優勝オッズ】
本命…イングランド:9倍(4位/24か国中)
対抗…ウェールズ:67倍(12位タイ/24か国中)
穴…ロシア:67倍(12位タイ/24か国中)
大穴…スロバキア:151倍(20位タイ/24か国中)
 
【マッチスケジュール】
6月11日(土)
ウェールズ×スロバキア
ヌボー・スタッド・ド・ボルドー(ボルドー)/18:00(日本時間25:00)
 
イングランド×ロシア
ヴェロドローム(マルセイユ)/21:00(日本時間28:00)
 
6月15日(水)
ロシア×スロバキア
ピエール・モーロワ(リール)/15:00(日本時間22:00)
 
6月16日(木)
イングランド×ウェールズ
ボラルト=ドゥルリス(ランス)/15:00(日本時間22:00)
 
6月20日(月)
ロシア×ウェールズ
ミュニシパル(トゥールーズ)/21:00(日本時間28:00)
 
スロバキア×イングランド
ジョフロワ・ギシャール(サンテティエンヌ)/21:00(日本時間28:00)
 
 

最終更新:6/10(金) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。