ここから本文です

【J1展望】浦和×鹿島|「赤」の決戦――興梠がゴール宣言。鹿島は柴崎の出来に命運

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 19:00配信

浦和――対鹿島のリーグ戦は11試合負けなし。ミシャ体制下、6勝2分と相性は良い。

J1リーグ1stステージ・15節
浦和レッズ – 鹿島アントラーズ
6月11日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
1stステージ成績(6月10日時点):3位 勝点27 8勝3分1敗 18得点・6失点

【最新チーム事情】
●対鹿島は最近のリーグ戦で11試合無敗と相性が良い。
●古巣との対戦へ準備万端の興梠。「点を決めて、勝つ」。
●鹿島のプレスを抑えて、ミシャプレスで襲いかかる!
●大観衆の前で、ステージ制覇へライバルを攻め倒す!!
 
【担当記者の視点】
 分が悪い印象の鹿島戦だが、リーグ戦では2010年8月のホーム(1-1)以来、11試合負けなしだ。ペトロヴィッチ監督就任後は6勝2分という強さ。「対4バック」に効果を発揮するミシャ戦術が上手くハマっていることが分かる。
 
 とはいえ、11年のナビスコカップ決勝(0-1)の大一番では敗れている。また、多くの選手が「昨季最も押し込まれている、強いと感じた相手」と話しており、油断はしていない。
 
 浦和は鹿島が積極的にプレスを掛けてくることを想定し、準備してきた。槙野は「自分たちがしっかりボールを動かすことで、相手FWの体力を奪える。ただし回すだけでなく、前につなぐことが大切」と、浦和のポゼッションサッカーに持ち込み、あくまでも攻め倒す算段だ。相手のプレスをかいくぐり、逆に今季の武器である浦和のミシャプレスで相手DF陣も押し込みたい。
 
 興梠も古巣との一戦に燃えている。
 
「FCソウル戦では相手のプレスに対し、パスをつながず大きく蹴ってしまうことが増えた。やはり浦和はそれでも打開できるパスサッカーを目指すべき。そのためには、僕が身体を張って前線でボールを収めないといけない。僕が点を取って勝つのが一番」
 
 あくまでも浦和ペースに持ち込むことを強調。鹿島戦のシミュレーションはできているようだ。
 
 浦和より上位にいる川崎、鹿島よりも2試合消化が少ない浦和は、この試合に勝てば、鹿島と勝点で並ぶ。相手に与えるダメージは大きい。
 
 すでに4万6000枚以上のチケットが売れている。ホームの大声援を味方につけて、2年連続の第1ステージ優勝へ前進したい。
 

1/2ページ

最終更新:6/10(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。