ここから本文です

【J1展望】横浜×川崎|川崎は首位の座を守れるか。リオ世代のボランチ対決に注目!

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 18:00配信

横浜――割り切った戦いを覚悟し、齋藤や遠藤のスピードを活かせれば。

J1リーグ・1stステージ15節
横浜F・マリノス-川崎フロンターレ
6月11日(土)/15:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
1stステージ成績(14節終了時):7位 勝点21 6勝3分5敗 20得点・15失点

【最新チーム事情】
●下平が負傷離脱。左SBには大卒ルーキーでCBが本職の新井が入る。
●1トップの伊藤が好調。練習ではキレのある動きから正確なシュートを連発していた。
●中町とコンビを組むボランチはパク・ジョンスか喜田。試合前日は両選手が試されていた。
●この試合に出場するとJ1通算300試合出場となる栗原は、中澤とともに鉄壁を築く。
 
【担当記者の視点】
 ナビスコカップでは決勝トーナメント進出を決め、リーグ戦では目下2連勝中と、良い状態で川崎との神奈川ダービーを迎えられそうだ。
 
 今季、ナビスコカップでの対戦では0-0のスコアレスドロー。互いにメンバーを大きく入れ替えてのゲームだったが、倍以上のシュートを打たれる劣勢を耐え抜いた。
 
 今節も同様に、リーグ屈指の攻撃力を持つ相手に押し込まれる時間帯が長くなるはず。ある程度は割り切った戦いを覚悟しながら、奪ったボールを素早く両サイドに展開し、齋藤や遠藤のスピードを活かした攻撃でチャンスを広げたい。
 
 中盤の攻防も鍵を握るが、3試合連続フル出場中のボランチ、パク・ジョンスの活躍に期待。技術が高く、落ち着き払ったプレーで攻守をつなぐルーキーはリオ世代のひとりであり、同年代の大島との対決は注目を集めるだろう。
 

川崎――A代表帰りの大島が、どのようなプレーを見せるか。中盤のトライアングルがカギ。

J1リーグ・1stステージ15節
横浜F・マリノス-川崎フロンターレ
6月11日(土)/15:00/日産スタジアム
 
川崎フロンターレ
1stステージ成績(14節終了時):1位 勝点31 9勝4分1敗 27得点・13失点

【最新チーム事情】
●6月9日に大久保が34歳の誕生日を迎える。チームメイトから水を掛けられ、サポーターからもお祝いをしてもらい、心身ともに充実。
●大塚が好調を維持。
●チームは第1ステージ優勝を意識しすぎることはなく、程良い緊張感を保ってトレーニング。
●代表帰りの小林、大島が9日の練習から合流。韓国代表で欧州遠征を終えたGKチョン・ソンリョンもコンディションは問題なし。
 
【担当記者の視点】
 暫定首位に立つなか、2位の鹿島が勝点1差で迫る。3位の浦和は川崎や鹿島より2試合少ない状態で勝点4差。第1ステージ優勝を見据えると、1試合の黒星が致命傷になりかねないだけに、横浜戦に勝利して首位の座を守れるかが最大のポイントだ。
 
 見どころのひとつは、キリンカップでA代表初招集となった大島だろう。代表デビューの機会は訪れなかったが、それでも高いレベルを経験し、大きな糧となったはず。A代表への想いが一層膨らんだなか、どのようなプレーを見せるか注目だ。
 
 2ボランチの大島とE・ネットに加え、トップ下の中村も絡んだトライアングルが攻撃の要。この3人が機能し、縦パスが上手く入るようだと、攻撃の歯車も噛み合うだろう。逆に機能不全に陥れば、相手に主導権を握られる展開となり得る。
 
 リオ五輪に向けたオーバーエイジ候補に加え、A代表でも待望論が根強い大久保も状態は良さそうだ。5月31日から6月2日の3連休を活用し、チームメイトの中村一家と両家族で旅行へ。リフレッシュと休息は十分で、コミュニケーション面も万全。大黒柱である中村のパスから、不動のエースが決める――「黄金ホットライン」がこの試合で見られるか。
 

最終更新:6/10(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。