ここから本文です

【J1展望】神戸×広島|ノエスタでの対戦は広島に分が。ともに攻撃陣の出来が鍵に?

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 18:00配信

神戸――小川の復帰は好材料。

J1リーグ 1stステージ・15節
ヴィッセル神戸 – サンフレッチェ広島
6月11日(土)/16:00/ノエビアスタジアム
 
ヴィッセル神戸
1stステージ成績(14節終了時):9位 勝点19 5勝4分5敗 20得点・19失点
 
【最新チーム事情】
●6節の福岡戦で負傷した小川が、約1か月半ぶりに戦列復帰できる見込み。
●相馬は別メニュー調整を続ける。間に合わない場合は田中雄が先発か。
●広島とのノエスタでの対戦は、2012年からの3戦では1分2敗と勝利なし。
 
【担当記者の視点】
 ナビスコカップではグループリーグを1位突破するなど好調を維持するも、リーグ戦ではここ4戦(2分2敗)で勝利がない。特に試合ごとにメンバーが入れ替わった攻撃陣は安定せず、沈黙する時間は短くなかった。
 
 ただ、今節は6節の福岡戦で右膝内側側副靭帯を損傷した小川がようやく戦列に復帰できる見込み。また、熊本地震の影響で6月2日に順延開催された7節・鳥栖戦では累積警告で出場停止だったP・ジュニオールも戻ってくる。攻撃陣は現時点でのフルメンバーで戦えるだけに、期待感は膨らむ。
 
 一方、守備陣では相馬が別メニュー調整を続けており、出場回避の可能性が出てきた。代役は田中雄が務めそうだが、左サイドからのアタックはここ数試合で武器になっていただけに、影響は大きい。
 
 また、広島とのノエスタでの対戦では2012年からの3戦で、1分2敗と勝利がない。昨季も0-4で敗れるなど悔しさを味わった。今度こそホームでの意地を見せたいが……。
 

広島――ミキッチの故障離脱は痛手も、攻撃陣は好調を維持。

サンフレッチェ広島
1stステージ成績(14節終了時): 6位 勝点21 6勝3分4敗 23得点・14失点
※ACLの日程により、1試合未消化
 
【最新チーム事情】
●ミキッチが左ハムストリングス筋損傷で全治4週間。
●浅野が約1か月ぶりにチーム合流。
●紅白戦で1トップ・2シャドーがゴール量産。
●森﨑和とP・ウタカのコンビがハマってきた。
 
【担当記者の視点】
 今季1得点・3アシストと結果を残していたミキッチが、先週のトレーニング中に負傷。左ハムストリングス筋損傷(全治4週間)と診断され、離脱を余儀なくされた。前節の福岡戦(○4-0)でも圧倒的な運動量とスピードで攻撃を牽引していただけに、その損失は計り知れない。
 
 柏、清水という実績豊富な選手の存在はあるが、ウイングバックはただでさえ体力的な消耗が激しいポジションだけに、これからの3連戦をどう戦うのか。高橋やキム・ボムヨンの奮起が待たれるとはいえ、ボランチ宮原のワイド起用も視野に入れざるを得まい。
 
 一方、攻撃陣は好調を維持している。福岡戦でゴールを奪ったP・ウタカ、柴﨑、宮吉の3人は、今週の紅白戦でも揃って得点し、コンビネーションも深化。佐藤や皆川、茶島も牙を研いでおり、代表から戻ってきた浅野が先発の座に戻るのは容易ではない。
 
 神戸のネルシーニョ監督は対策を練ってくるだろうが、それを上回るパワーが、今の攻撃陣には漲っている。あとはそれを、「結果」として表現できるかだ。
 

最終更新:6/10(金) 18:18

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革