ここから本文です

【熊本】攻守の出来に手応えを実感する清武功暉。兄・弘嗣からは激励メッセージも

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 21:02配信

「(金沢戦では)良い守備から攻撃へ転じられていた」(清武功暉)

 J2・17節の金沢戦で熊本の勝利に貢献した清武功暉が、チームの戦いぶりに言及。5得点を奪い震災前からの連敗を「6」でストップしたパフォーマンスに、確かな手応えを語った。
 
 金沢戦で平繁龍一と2トップを形成した清武は、9分に直接FKでチーム2点目を奪うと、36分にはCKからキム・テヨンのゴールをお膳立て。このほか、再三カウンターの起点になるなど攻撃を牽引した。
 
 清武は「前線の連係から裏へ抜けたり、いろいろなプレーができたので距離感は良かった。なにより、良い守備から攻撃へ転じられていたのが一番(良かった)」と、納得の表情。次節の群馬戦(アウェー)に向けては、「前半のサッカーをもう一度皆でやっていこうという話はしています」と意気込んだ。
 
 一方で、先日行なわれた代表戦(キリンカップ)で兄・弘嗣が好パフォーマンスを見せたことへの問いには「良いゴールも決めていましたね」と、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナとの2試合でのプレーを素直に評価した。
 
 さらに、金沢戦の前には「『気負わずに頑張れよ』ということは言われていました」と、激励メッセージを受けていた事実も判明。金沢戦で随所に好プレーを披露した背景には、普段から頻繁に連絡を取り合う仲だという兄の“アシスト”もあったようだ。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/10(金) 21:09

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。