ここから本文です

【総体出場校】富山・高岡一|ハーフウェー付近は射程圏内! エースFWの武器は通算4発の超ロング弾

SOCCER DIGEST Web 6/10(金) 21:20配信

中3の時に放った衝撃のゴールの感触が残っていた。

 一昨年のインターハイで富山一と水橋の『2強時代』に風穴を開けた高岡一が、1年の時を経て、再び富山の頂点に立った。
 
 2年ぶり3回目のインターハイ出場を狙う高岡一は、決勝で2年連続のインターハイ出場を狙う水橋と対戦。3-3の同点で突入したPK戦を4-3で制し、優勝を手にした。
 
 この試合で2ゴールを挙げ、PKもきっちり決めるなど、優勝に貢献したのが、高岡一のFW佐賀野修吾だ。圧巻は1-1で迎えた56分の勝ち越しゴールだ。ハーフウェーラインの右タッチライン付近でボールを受けると、「試合前から、遠くからでも積極的にゴールを狙おうと思っていた。最終ラインからのボールを前向きに良いトラップができたので、ルックアップをしたらGKが前に出ているのが見えた。迷わずシュートを選択した」と、右足を一閃。ボールは強烈なライナーでGKの頭上を破り、ゴールに突き刺さった。
 
 やみくもではない、判断が伴ったロングシュート。実はこれは佐賀野にとって『必殺の武器』でもあった。彼は過去3回も同じようなシュートを決めているというのだ。自分の強烈な武器に気がついたのは、中学3年の時だった。
 
 所属する富山北FCで北信越リーグでの試合を戦っていた時だ。
「0-5で負けていて、なんとか1点は返したいと思っていたんです。ハーフウェーライン付近でボールを受けたら、いい感じで前を向けて、GKが前に出ているのが見えたので、『打っちゃえ』と思って蹴ったら、GKの頭上を破ってゴールに入った。自分でも驚きました」
 
 圧巻のロングシュートの感触がずっと残っていた。高岡一に入ってからも、その感覚を磨くため、ロングシュートは練習でも意識的に打つようになった。
 
 すると、去年の県1部リーグのカターレ富山U-18戦で、ゴールキックからハーフウェーライン付近のヘッドの競り合いのこぼれ球に反応。DFふたりに囲まれながらも、鋭いターンで一瞬にして置き去りにして、前方をルックアップ。「GKが前に出ていて、『ここだ!』と思った」と迷わず左足を振り抜いた。
 
 利き足は右だが、普段から左のキックを意識的に取り組んでおり、イメージと左足のキックが瞬間的にリンクした。ボールはGKの頭上を破って、ゴールに突き刺さった。そして、今年4月のプリンスリーグ北信越の北越戦。ハーフウェーライン付近でディフェンスラインからのパスを受けて前を向くと、ロングシュートのコースがはっきりと見えた。右足で捉えたボールは、これまでの2本と同じようにバウンドせずダイレクトにゴールネットを揺らした。
 

【総体】地区予選代表校一覧

1/2ページ

最終更新:6/10(金) 21:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。