ここから本文です

映画『007』の世界にどっぷり浸れる チェコの美しい古城と温泉町

CREA WEB 6/10(金) 12:01配信

モンテネグロの情景として描かれていた景色

 映画『007』シリーズといえば世界中の誰もが知る人気シリーズですね。実は2006年に公開された『007 カジノ・ロワイヤル』では、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがチェコを訪れ、各地で撮影されたことはご存じですか? 舞台設定の関係上、そこがまったく別の国であると思っている人も多いかと思います。

 撮影地は何カ所かありますが、そのなかでも西ボヘミア地方のオフジェ川のほとりにひっそりとたたずむロケット城は、観光地としての知名度は低いですが、007ファンならぜひ訪れたいスポットのひとつです。

 ちなみに映画のなかではチェコではなく、モンテネグロの情景として設定されています。ロケットとはチェコ語で「肘」の意味。町の周りをオフジェ川が肘のように湾曲して流れ、その地形が町の名前の由来だそうです。

 この町は中世当時、国を守る要衝の町として発展し、ロケット城も要塞として建設されたといわれています。しかし長い時代の移り変わりのなかで度重なる攻撃や火事に見舞われ、19世紀の初頭には国の牢獄として使用されていたこともありました。牢獄だった時代はこの城内で多くの拷問も行われたそうで、現在でも城の地下には多くの独房が残され、一般公開もされています。

 町には広場があり、昔ながらのノスタルジックな家並みが残されています。映画のなかでもロケットの町並みが登場し、ジェームズ・ボンドの会話シーンもここで撮影されました。

 静かな町を散歩していると、映画のセットのなかにいるかのような気分。この町が撮影地として選ばれたのも、この美しさが理由なのでしょう。ノスタルジックな気分に浸りながら、町歩きを楽しんでみましょう。

Hrad Loket(ロケット城)
所在地 Zámecká 67,357 33 Loket
電話番号 352-684-648
URL http://www.hradloket.cz/

1/2ページ

最終更新:6/10(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。