ここから本文です

朝比奈彩「仏のようなタイプの男性がいいんです」

R25 6/11(土) 7:01配信

朝比奈彩ちゃんは、バラエティ番組出演などで現在人気急上昇中のモデル&タレントだ。モデルを志して、淡路島から上京して約2年。現在レギュラー出演番組を、テレビとラジオをあわせて6本抱えるほど。かなりの“スピード出世”といえる。

――モデル志望だったのに、テレビのバラエティ番組で的確なコメントを求められるのって、どういうお気持ちなんですか?

「いやもう緊張もしましたし、上京したてのころは方言もあって人見知りしていたので…。それに今までテレビで見ていた人が目の前にいるのって、それだけで固まっちゃうというか」

――でもけっこう積極的に発言したり、ズバズバ言うキャラじゃないですか。

「『こういう風にしてほしい』というオーダーがあることが多いからですかね。役割をまっとうしなきゃいけないという責任感です(笑)。ただ、スタジオとかのフリートークはまだまだ難しく感じます。出演者の方と“はじめまして”の状況も多いので」

――失敗とかはありませんでした?

「一度、『PON!』のナレーションでお店の名前を読み間違えちゃって。ほかの出演者の方が訂正してくださったんですが、そのときしか見ていない人に間違った情報を与えかねないので…すごく反省しました。そこから『生放送って怖い!』と思って、毎回気合が入るようになりました」

――今後はタレント一本でやっていきたい?

「両方やりたい気持ちが今はありますね。紹介していただくときに『モデルの~』といわれることが多いんですが、『タレントの~』とも言われたいですし。2つの土台を固めていきたいと思っています」

――となると、そうとう忙しいですよね?

「去年の年末の3カ月はすごかったですね。でも楽しいですよ。それに忙しいといっても睡眠時間はしっかり取れていますし、1日にスケジュールが何本か入る状況はとてもありがたいです。Twitterやインスタでコメントをいただけることがすごく励みになります」

――プライベートの方はどうでしょう。

「しっかり時間を取って、キックボクシングとかやっていますよ。長いこと陸上をやっていたので、心も身体も体育会系なんです。食べることも大好きなので、とにかく運動するようにしていて。最近食べて美味しかったのは…しゃぶしゃぶかな」

――じゃあ好きになるのは、ご飯を美味しく食べてくれる人…とか!?

「仏のような人! 自分がやりたいことをやらせてくれる人です。地元の淡路島は漁師町なので、我が強い人が多いんです。だからそういうタイプの男性はあまりみたことがなくて。それに負けじと女性が強くなる土地なので、私もけっこう我が強いですけどね(笑)。優しい男性と、テーマパークに行ってみたいです。でもジェットコースターとか苦手で…」

――仕事なら乗るんですよね?

「もちろんです!(即答)。体育会系ですから!!」

吉州正行=取材・文/林 和也=撮影
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/11(土) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場