ここから本文です

ママ友とのお金の貸し借り 賛成?反対?

R25 6/11(土) 7:01配信

ママ友とのお金の貸し借り 賛成?反対?

写真:R25 ママ友とのお金の貸し借り 賛成?反対? より

今月はお金を使いすぎて財布の中身が…。たまには、そんなこともありますよね。また、急なママ友会で、手持ちがないなんてことも。そんなとき、あなたはどうしますか? なかには、ママ友に借りるという人もいるのでは? ママ友とのお金の貸し借りについて、世間のママたちはどう思っているのでしょうか。

●ママ友とのお金の貸し借り賛成派
ネット上の反応を見ると、ママ友からお金を借りた、または貸したことがあるというママは、意外に多い印象。ママ友とのお金の貸し借りについて、賛成するママたちの意見をまとめました。

□ママ友とのお金の貸し借り賛成派
・「金額によるけど、せいぜい5000円まで」
・「ママ友ランチのあとに財布を忘れたことに気づいて、ママ友に借りた。もちろんその日のうちに返した」
・「生活費とかは無理だけど、財布忘れたなら貸せる」
・「どうせ毎日会うから、抵抗がない」
・「1番仲が良いママ友になら貸せる」

お金を貸すことに理解があるというよりは、「財布を忘れた」というピンチのときの助け合いとして、賛成する意見が散見されました。立て替えてあげる程度までなら、許容するママは多く、実際に経験したことがあるママも少なくないようです。

●ママ友とのお金の貸し借り反対派
一方、反対派の意見はどんなものがあるのでしょうか?

□ママ友とのお金の貸し借り反対派
・「ママ友に限らず、他人とお金の貸し借りをするのが無理」
・「金銭トラブルは身内でも厄介なのに、他人は…」
・「ママ友程度の付き合いでお金貸してと言える神経がスゴい」
・「お金の貸し借りで絶縁した友だちがいるから無理」

反対派のママたちは、どんなに仲が良いママ友でも、お金の話は別問題と捉えている様子。たしかに金銭トラブルは、相手が身内ですら、激化してしまう問題。他人であるママ友が相手となると、なおさらなのかもしれませんね。

●借りたお金をなかなか返さないママ友も…
なかには、お金を借りておきながら、いつまでも返さないママ友もいるのだとか。そんなママ友たちに対して、世間のママたちはこんなイメージを…。

□お金を返さないママ友への意見
・「お金にルーズな人は、なんでもルーズ」
・「お金をおろす時間がなくて…と言う人がいるけど、時間がなくてもこっちを優先すべき」
・「“ギャンブルとかに使ってるのかな?”って思ってしまう」
・「催促すると取り立てみたいで、こっちが悪者みたい」

やはり、悪いイメージが目立ちます。仲が良いママ友だからこそ、はじめから貸し借りしなければ、トラブルも減るのでは?

普段からやりくりしていても、ときには急な出費が重なることがあります。しかし、相手のママ友が賛成派であろうとなかろうと、お金の話は避けたほうがよさそう。「金の切れ目は縁の切れ目」。円滑なママ友付き合いには、お金の話はNGのようです。
(文・明日陽樹/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/11(土) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。