ここから本文です

宮沢りえ、前田敦子らがグーグーとの再会に胸キュン!

Smartザテレビジョン 6/11(土) 10:00配信

WOWOWプライムで6月11日(土)よりスタートする「連続ドラマW グーグーだって猫である2-good good the fortune cat-」の第1話完成披露試写会が行われ、主演の宮沢りえを筆頭に、長塚圭史、黒木華、前田敦子、田中泯、犬童一心監督が舞台あいさつに出席した。

【写真を見る】宮沢りえ、黒木華、前田敦子ら女性陣は華やかなワンピース姿で登壇

本ドラマは、大島弓子の自伝的エッセーのドラマ化第2弾。第1作の宮沢、長塚、黒木、田中らレギュラーキャストに加え、前田、イッセー尾形らが参加。人気漫画家の麻子(宮沢)が、東京・吉祥寺の自宅兼仕事場で、2匹の猫と暮らす温かな日々を描く。

麻子を2年ぶりに演じたことについて宮沢は、「麻子という人物は、特別なことがあるわけじゃないけれど、些細なことですら特別なことにする天才」と役どころを紹介し「人とのつながりや、新しい発見がボロボロと落ちていて、それをピックアップしていくと面白いことになっていきます」とドラマをアピール。

麻子の新アシスタント・飯田役で参加した前田は「もともと大好きな作品。りえさんとご一緒できてうれしかった」と目を輝かせた。長塚から「続編モノに後から参加するのは大変だったんじゃないかな」と労いの言葉を掛けられたが、宮沢は「ドキドキしていたのは初日だけだったよね。あっという間になじんでいた」と前田のハートの強さを明かしていた。

犬童一心監督は「麻子は世の中からずれている感覚の持ち主で、周りを翻弄(ほんろう)していくので、(舞台となる)東京・吉祥寺版の『男はつらいよ』にしたいとをスタッフに伝えていました。今回の撮影中も次々とエピソードが浮かんできた。さらに違う領域にいけると思う。SFもできるのでは(笑)」と冗談を交えつつ、シーズン3の展望があることをにおわせた。

さらに会見では、ネコのグーグー役・グミくん(オス・3歳)が登場。宮沢は撮影を振り返り「毎回、想像をはるかに超える名演技をしてくれるので、負けないように良い芝居をしなきゃと思わせてくれました」と絶賛した。

最終更新:6/11(土) 10:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革