ここから本文です

【自転車レース】クリテリウム・デュ・ドーフィネは頂上ゴールの第5ステージをフルームが制してマイヨ・ジョーヌ獲得

CYCLE SPORTS.jp 6/11(土) 12:51配信

ポートとの一騎打ちを制す!

第68回クリテリウム・デュ・ドーフィネ(UCIワールドツアー)は、6月10日にラ・ラボワールをスタートし標高1223メートルでカテゴリー2のボジャニ山頂にゴールする140kmの第5ステージを競い、英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)が、オーストラリアのリッチー・ポート(BMC)と一騎打ちのゴール勝負を制して区間優勝した。

マイヨ・ジョーヌを着たスペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ)は、フルームよりも21秒遅れでゴール。ディフェンディング・チャンピオンのフルームが残り2ステージを残して総合首位に立ち、マイヨ・ジョーヌを獲得した。

精鋭グループから残り2.6kmでフルームがアタックしたとき、マイヨ・ジョーヌのコンタドールは反応したが、付いていくことはできなかった。元チームメートのポートだけがフルームを追走できたのだが、ゴール勝負では刃が立たなかった。

■区間優勝して総合首位になったフルームのコメント「ツール・ド・フランスの前にレースで勝つのは素晴らしい気分だ。。僕を最後の上りでいい位置に置くために、チームはとても良い走りをしてくれた。明日も厳しいステージが残っているから、まだドーフィネで勝ちが決まったわけではない」

■第5ステージ結果[6月10日/ラ・ラボワール~ボジャニ/140km]
1 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)3時間32分20秒
2 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+1秒
3 アダム・イエーツ(オリカ・グリーンエッジ/英国)+19秒
4 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+19秒
5 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+21秒
6 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+25秒
7 ピエール・ロラン(キャノンデール/フランス)+27秒
8 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+27秒
9 ルイ・メインティス(ディメンションデータ/南アフリカ)+27秒
10 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+27秒
12 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+27秒
157 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+27分16秒

■第5ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)21時間24分59秒
2 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+7秒
3 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+27秒
4 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+37秒
5 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+42秒
6 アダム・イエーツ(オリカ・グリーンエッジ/英国)+52秒
7 ディエゴ・ローザ(アスタナ/イタリア)+1分08秒
8 ダニエル・ナバロ(コフィディス/スペイン)+1分16秒
9 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+1分21秒
10 ルイ・メインティス(ディメンションデータ/南アフリカ)+1分27秒
11 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+1分34秒
12 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+1分35秒
13 ピエール・ロラン(キャノンデール/フランス)+1分39秒
152 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+55分47秒

[各賞]
■ポイント賞:エドワルド・ボアソンハーゲン(ディメンションデータ/ノルウェー)
■山岳賞:ダニエル・テクレハイマノット(ディメンションデータ/エリトリア)
■新人賞:ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)
■チーム成績:チームスカイ(米国)

最終更新:6/11(土) 12:51

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。