ここから本文です

寝る前、スプーン1杯の「亜麻仁オイル」で便秘を改善。しかも他にもうれしい効果が…!?

OurAge 6/11(土) 15:20配信

長年の便秘に悩む人は多い。改善法はいろいろあるが、本当に効果がある方法とは?
順天堂大学医学部教授で、日本初の「便秘外来」を開設した小林弘幸さんがすすめる方法のひとつは、「寝る前のスプーン1杯の亜麻仁オイル」だという。翌朝の便通がすっきりし、しかも、さまざまなよい効果もあるという。

「油をとると、便がオイルでコーティングされて滑りがよくなり、するっと出やすくなります。どんな油でもこの効果は得られますが、特によいのは、動脈硬化や心臓疾患などの予防効果や、アレルギー症状緩和などさまざまな健康効果もある亜麻仁油。一日にスプーン1杯ほど飲みましょう。いつとっても構いませんが、寝る前にとると翌朝の快便につながり、おすすめです」

亜麻仁油は、亜麻の種子が原料。英語ではフラックスシードオイルといい、必須脂肪酸であるオメガ3を多く含有している。買うときは、化学溶剤を使わず低温圧搾法で搾油された良質なものを選ぼう。非常に酸化しやすい油なので、冷蔵保存し、熱を加えず、早めに使い切るのが◎だ。

最終更新:6/11(土) 15:20

OurAge