ここから本文です

独占インタビュー:ブライアン・イーノが作ったアンビエントの新しい型。

Casa BRUTUS.com 6/11(土) 13:00配信

アンビエントの金字塔『Ambient 1 : Music for Airports』のブライアン・イーノが、精力的に活動する中で見いだしたこれからの音楽体験のかたちとは。独占インタビューです。

Q 最新作『The Ship』は、あなたが70年代後半に提唱されたアンビエント・ミュージック(環境音楽)を基軸としながらも、歌や声などを入れた、新しいアプローチを聴くことができますね。

僕自身が深い興味を抱いているアイデアが二つ混在している。一つは指摘するように、アンビエントのように聴こえるサウンドと歌を組み合わせたこと。これまでやったことのなかったアプローチだね。ほかにもアンビエントを作っている作家もいるけど、歌とのコンビネーション自体、あまり作られてこなかったんじゃないかな。

Q 歌や声のパフォーマンスは、イーノさんご自身で?

そうだよ。40年以上も音楽を作ってきたけど、自分の声を入れてみようなんて、ただの一度も思いつかなかった(笑)。

Q 作曲家やプロデューサーとしての印象が強いので、あなたの声だと知ったときは驚きました。

シンガーじゃないからね(笑)。僕が作るアンビエントには、コード編成やリズムといった本来歌をまとめるような目印が存在しない。そういう音楽の光景の上を自由に声が浮遊するというのは、言葉にすれば風変わりだけど、歌ってみると非常に解放感を覚えるものでね。最初に歌い始めてみたところで「これなら単語を好きなように引き延ばせるし、やりたいだけ同じ一音を歌い続けることもできる」という点にも気づかされた。僕はリズムやコードによる構造に縛られずに済んだというわけだ。

Q もうひとつのアイデアは?

「録音された音楽に関する、新たな考え方の始まり」というかね。スウェーデンの芸術団体から、ストックホルムにある古くて美しい映画館の入った建物でソニック・インスタレーションの制作のオファーを受けたんだ。会場にはさまざまなチャンネル設備やスピーカーが多数備わっていると聞き、「本当の意味で、聴く人を“取り囲む”ようなシーンを作りたい」と思った。左右のスピーカーから音が出ているステレオ式のものではなく、スピーカーが至るところに存在し、それぞれが異なるサウンドを発しているようなね。

Q 楽しい検証ですね。

発見も多かったんだ。当然、スピーカーにはそれぞれ個性や音の特性があるんだけど、自分はそういう差異がとても好きなんだなということ。通常のインスタレーションならスピーカーを統一するんだけど、僕はどのスピーカーも異なるものにした。それぞれのスピーカーが特有の“声”を持っていて、例えばこれはオーボエ用、こっちはビオラ用というように、オーケストラみたいに考えたんだよね。その次に何が起きたかと言えば、僕がある日……そこで歌い始めたんだ。

1/2ページ

最終更新:6/11(土) 13:00

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。