ここから本文です

テロの脅威と戦うEUROで悪名高きフーリガンが暴動! マルセイユで英サポーター1人が逮捕

Football ZONE web 6/11(土) 8:30配信

開幕前の暴力行為にFAも非難の声明

 11日に開幕する欧州選手権(EURO)の舞台となるフランスで、フーリガンが暴力行為を起こし、すでに逮捕者が出ている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 フランス南部の都市マルセイユでは、11日にイングランド代表が開幕戦でロシア代表と激突する。だが、数々の暴力行為で悪名高いフーリガンは、マルセイユ市内のパブで地元の若者70人と大立ち回りを展開。すでに逮捕者を出しており、機動隊は深夜に催涙ガスを噴出し、暴徒鎮静のために警察犬を放つなど緊急事態となっている。イングランドサポーター1人が逮捕された。

 イングランドサッカー協会(FA)は「昨夜のマルセイユでの暴動に落胆している。そのような行動を非難する。当局に犯人の特定と然るべき処置を委ねている」との声明を発表。テロの脅威と戦うEUROで、フーリガンというサッカー界の根深い問題も起きてしまった。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/11(土) 8:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。