ここから本文です

清武、セビージャ同時加入の天才司令塔がいきなりライバルに

フットボールチャンネル 6/11(土) 11:31配信

 セビージャ加入が決まった清武弘嗣にいきなりライバルが現れた。同選手の移籍発表とタイミングをほぼ同じくしてヘタフェからMFパブロ・サラビアの獲得が決まっている。

 レアル・マドリーの下部組織出身で、直近5シーズンをヘタフェで過ごしたP・サラビアは24歳の攻撃的MF。リーガ・エスパニョーラでの出場はすでに130試合を超え、スペインU-21代表歴を持つ実力者だ。

 左利きで攻撃的なポジションであればどこでもこなし、スペインのサッカースタイルに慣れる時間も必要ない。同じ新加入の清武にとっては強力なライバルとなりうる。

 今季までセビージャの攻撃陣をけん引した司令塔エベル・バネガはインテルへの移籍が確実視されており、清武とP・サラビアにはその穴を埋める活躍が期待される。攻撃の中心としてウナイ・エメリ監督の求める役割をより早くピッチ上で体現できた方に多くの出番が与えられるだろう。

 数年前までスペインの次世代を担うと期待されたP・サラビアか、日本代表の中心的存在へと成長した清武か。新加入の2人によるハイレベルなポジション争いに注目だ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/11(土) 11:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。