ここから本文です

ペップ、古巣バイエルンから引き抜き放題? CEOが“禁止条項”の存在を否定

フットボールチャンネル 6/11(土) 12:00配信

 マンチェスター・シティの新指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督だが、一部報道とは異なり古巣バイエルン・ミュンヘンから選手を“引き抜き放題”の状況にあるようだ。9日、スペイン紙『アス』が報じている。

 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、グアルディオラ前監督と新天地マンチェスター・シティにバイエルンの選手を連れて行かないという密約を交わしていたことを否定している。

 禁止条項の存在を報じていたメディアに対し、ルンメニゲ氏は「そのような密約は存在しない」と公に発言。仮にグアルディオラ前監督がバイエルンから選手を獲得しようとしても気にしていないことを強調している。

 今回の問題はバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタが母国メディアにこうした密約があったことを語ったことに端を発した。事実、新生「ペップ・シティ」は古巣バイエルンの教え子は引き抜かず、ライバルであるドルトムントから補強をしていることからも、こうした密約説が真実であると思われていたようだ。

 その上でルンメニゲCEOは、バイエルンは全選手と長期に渡る契約があり引き抜きへの心配がないとチームの戦力維持に自信を見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/11(土) 12:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。