ここから本文です

反人種差別団体がクロアチアサポーターオフィシャルソングの中止を要求

フットボールチャンネル 6/11(土) 15:10配信

 ついに開幕したEURO2016。しかし、早くも人種差別に関する問題が発生してしまったようだ。10日、フランス紙『レキップ』が伝えている。

 フランスの「SOS racisme」を含む反人種差別3団体はEUROに参加するクロアチアサポーターのオフィシャルソングの禁止をフランス政府スポーツ担当大臣、UEFA、クロアチアサッカー連盟に要求。

 3団体はクロアチアサポーターのオフィシャルソングである『Lijepa Li if』が「国家主義的で、攻撃的、暴力的」であるとしている。

 クロアチアはEUROでグループDに入っており、初戦はトルコと対戦する。

【了】

フットボールチャンネル

最終更新:6/11(土) 15:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。