ここから本文です

C・ロナウドまたも吠える「俺はこの20年でナンバーワン」

フットボールチャンネル 6/11(土) 20:01配信

「おれがナンバーワンだ」

 またしても、クリスティアーノ・ロナウドがそう語っている。10日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 ロナウドはインタビューの中で「自分がこの20年でNo.1だと思っている。これは俺が言っているのはなくて、結果が語っているんだ」と自分を評価する。

 EUROが近づく中で、ポルトガルを背負ってプレーすることについては「母国を愛する1人のポルトガル人の男がいる。国際大会でプレーできることは誇りだ」と語り「2004年のEUROを経験し、自分が多くの若者に影響を与えられると分かったんだ」と自らの責任を認識した。

「今の自分があるのはハードワークのおかげだ」と語るロナウド。「最高のプレーヤーたちはそれぞれのスポーツの歴史を作るものだ。俺も自分が歴史を作っていると思う」と自身の歩みを自負しているようだ。

 何を言ってもロナウドが言えば様になってしまうのはスーパースターがゆえ。「もう長年に渡り、ハードに自己管理している」とそのストイックぶりは衆目の一致するところだ。そんなロナウドに唯一欠けている代表での国際タイトル。愛する母国を欧州の頂点に導くための戦いが始まろうとしている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/11(土) 20:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。