ここから本文です

増える鎮痛剤依存症、痛みの緩和には「瞑想」の方が効果的?

Forbes JAPAN 6/11(土) 12:00配信

先日、歌手プリンスの死因が合成オピオイドによるオーバードーズが原因と発表された。オピオイド系鎮痛薬の依存症が急増しているなか、米国では各種機関や専門家が、痛みのケアについて改めて考え直すよう呼びかけを行っている。慢性的な痛みは障害の主な原因になり、言うまでもなく心理的負担にもなる。それなのに、効果的で依存性のない対処法はほとんどない。



米疾病管理予防センター(CDC)は2016年に入って、米国医師会雑誌(JAMA)で、医師に向け、慢性的な痛みにオピオイドを処方する上での新たなガイドラインを発表。まずは薬理学的な方法ではなく薬を使わない方法で痛みに対処を試みるよう提言した。

また5月号の「JAMA」には、オピオイドの過剰処方に代わる選択肢として、瞑想が果たす役割の可能性を指摘する論説記事が掲載された。瞑想は全てのケースで効果がある訳ではないかもしれないが、軽い痛みや中程度の痛みを抱える人には効果が期待できそうであり、さまざまな種類の痛みを抱える人には少なくとも補助的な役割を果たしそうだ。万能薬ではないが、瞑想に疼痛緩和の効果があることを示す調査結果は着実に増えている。

2016年に入って行われた調査には、慢性的な腰痛を抱える人々が8週間、瞑想を取り入れたストレス逓減法(MBSR)のコースか、同じく痛みへの対処に効果があることで知られる認知行動療法(CBT)のコースのいずれかに参加した。効果を比較するためのグループは「通常の治療(調査参加者が受けた治療なら何でも)」を受けている人々で構成した。

その結果、MBSRを受講した人々は約44%、CTBを受講した人々は約45%痛みが軽減されたのに対し、「通常の治療」を受けた比較グループは27%だった。つまりMBSRもCBTも、標準的な治療よりも大幅に痛みを軽減するとみられる。

そして興味深いことに、瞑想はオピオイド系鎮痛薬とは異なる経路で痛みを軽減しているようだ。別の研究では、オピオイドのレセプター(受容体)をブロックした状態で被験者に瞑想を学んでもらったが、それでも刺激に対する痛みの感じ方は、比較グループよりも軽かった。研究報告の著者ファデル・ゼイダンは、「これらの所見は、オピオイド系鎮痛薬に耐性ができており、痛みを軽減する上で依存性のない方法を探している人々にとって、とりわけ重要な意味を持つ」と語る。
--{瞑想はなかなかいい「薬」}--
ゼイダンはMRI(磁気共鳴映像法)を使った別の研究で、瞑想が脳内の眼窩前頭皮質と呼ばれる部分(自分のいる環境で何が起こっているかを解釈する機能をつかさどる)と、前帯状皮質と呼ばれる部分(認知機能を制御し感情を調整する)に影響を及ぼすことを発見。いずれも、オピオイドのレセプターが豊富な部分だ。瞑想はまた、脊髄からの情報を脳に中継する視床の活動減少とも関連があると分かった。

慢性的な痛みの治療としての瞑想が最も効果的なのは、どのような人なのかを解明するには、さらなる研究が必要だ。一部の人には効果がないかもしれない。また一部の人は、それ以外にも別の治療(薬を使うものも使わないものも含め)が必要かもしれない。

しかしCDCなどが強く勧めているように、痛みケアの選択肢の幅を広げる努力をし、オピオイド系鎮痛薬を主な対処法として使わなければ、私たちは今よりもっとずっと健康になるだろう。そしてその結果、過度な依存や被害が減ることが期待される。慢性的な痛みをケアする上で、ほかにも多くのメリットがあることを考えれば、瞑想はなかなかいい「薬」だ。

Alice G. Walton

最終更新:6/11(土) 12:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。