ここから本文です

米自動車「満足度調査」、高級ブランド部門1位はテスラ

Forbes JAPAN 6/11(土) 9:00配信

米調査会社オートパシフィックはこのほど、「顧客満足度が最も高い自動車」ランキングを発表した。高級ブランド部門では同国の電気自動車(EV)メーカー、テスラが2年連続でトップ。一般ブランド部門では、韓国・起亜自動車が1位だった。



今年20回を迎えたこの調査は、オートパシフィックが年に一度実施しているもの。2015年・2016年モデルの購入者6万5,000人を対象に、全273モデルについて行ったアンケート調査の結果をまとめた。

テスラ車のオーナーたちはほぼ全員が、自分の所有する車について「運転が楽しい、パワーがある、環境にやさしい、高級感、安全性、独自性、高価格」と評価している。また、これらの人たちは「最も環境にやさしい車」ではなく、「主張する車」、「最も加速の良い車」を求めていることも分かった。調査結果が示しているのは、テスラがブランドとしての位置付けに大きく成功しているということだ。ただし、今後モデルXやモデル3が調査対象に加われば、結果には変化が現れる可能性もある。

高級ブランド部門ではこのほか、キャデラック、レクサス、リンカーンの評価が高かった。一方、一般ブランド部門でトップの起亜自動車は、中型セダン「オプティマ」が好評だった。

中型セダンの中で最高の評価を得たキャデラックのラグジュアリーSUV「エスカレード」、2位のメルセデス「Sクラス」のおよそ3割の価格で購入できる手頃さに加えて、「安全性、運転の楽しさ、快適性」が消費者の心をとらえたとみられる。

全体としてのブランド評価ランキングは、以下のとおりだった。

1. テスラ
2. キャデラック
3. レクサス
4. リンカーン
5. 起亜自動車
6. インフィニティ
7. ボルボ
8. BMW
9. アキュラ
10. メルセデス・ベンツ

George Peterson

最終更新:6/11(土) 9:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Forbes JAPANの前後の記事

なぜ今? 首相主導の働き方改革