ここから本文です

【J1採点&寸評】新潟×大宮|粘り強さを見せた新潟を高く評価。MOMは決勝点のベテランMFに

SOCCER DIGEST Web 6/11(土) 19:45配信

新潟――守護神の守田、先制点をお膳立てした端山ら6人を最高点の「6.5」に。

【チーム採点・寸評】
新潟 6.5
全体をコンパクトに保ち、攻守一体となった戦いでホーム初勝利を掴む。チャンスを作りながら1点しか奪えなかったのは課題も、粘り強い守備力を取り戻せたのは光明だ。
 
大宮 5.5
集中力を欠いた序盤のプレーがすべてを決定づけた。圧力をかけた後半は押し込む流れを作ったとはいえ、随所でパスミスが散見されるなど所々で精度不足を露呈した。

【PHOTO】今季初先発の成岡が抜擢に応えて決勝弾! 新潟がホーム初勝利!



【新潟|採点・寸評】
GK     
21 守田達弥 6.5
左手の怪我が癒え、期待どおりに安定感を顕示。ロングボールを軸に攻勢を受けた終盤も、冷静な対応でピンチを乗り切った。
 
DF      
27 松原 健 6.5
高い位置で攻撃をサポートする傍ら、守備に回っても隙を見せずに無難に対応。ポジショニングや局面ごとの判断に安定感があった。
 
4 舞行龍ジェームズ 6
闘志溢れるタックルでピンチの芽を摘み、的確なビルドアップも披露。最終ライン間での連係でも、ほぼ乱れは見せなかった。
 
2 大野和成 6
正確なフィードやパスを随所に見せつける。自陣でパスカットされた展開からピンチを迎えても機敏にカバーリングに入るなど、与えられたタスクをそつなくこなした。
 
7 コルテース 6.5
4試合ぶりの先発復帰に発奮したのか、序盤から積極性を示しチャンスに絡んだ。前半終盤には、珍しく中央でボールカットし、カウンターへつなげる場面も。
 
MF     
8 レオ・シルバ 6.5
持ち前のボール奪取に加え、ルーズボールを確実に拾い前線へ展開するなど、貴重な働きぶりは相変わらず。中盤の要であることを証明し続けた。
 
6 小林裕紀 6(55分OUT)
長短のパスを織り交ぜながら前後左右にパスを供給。体力を消耗し後半途中で交代を命じられたが、味方との距離感も適度に保ち、サポートする姿勢も効果的だった。
 
13 加藤 大 6
相手にサイドで起点を作らせまいと、松原とコミュニケーションを図りながら守備面で献身性を発揮。攻撃面でやや物足りなさがあったが、全体的にはまずまずの働きぶり。
 
18 成岡 翔 6.5(55分OUT)
チャンスを見逃さず、貴重な先制点を奪取。初先発ながらチームに良い流れを呼び込んだ点を踏まえてMOMとした。
 
FW
9 山崎亮平 6(74分OUT)
得点には絡めなかったが、馬力のある突破でカウンターの起点に。好調ぶりを漂わせるだけに、最終局面でさらに存在感を高めたい。
 
26 端山 豪 6.5
執拗に相手の背後を突く動きが奏功し、成岡の先制点をお膳立て。相手のパスコースを限定させるなど、守備面の働きも効いていた。
 
交代出場
MF
23 酒井宣福 6(55分IN)
縦へ果敢に仕掛けて推進力をもたらす。チーム全体がやや受け身に回り始めていたなか、その積極的なプレーは目を引いた。
 
MF
25 小泉 慶 6(55分IN)
持ち前の球際への激しいプレーで相手を牽制。自陣でボールを奪われる場面も多々あったが、及第点は与えられる。
 
FW
19 鈴木武蔵 5.5(74分IN)
今季リーグ戦初出場も、チャンスにほぼ絡めずに終わる。ただ、スピードで相手に脅威を与える場面も見せるなど、今後に期待感を膨らませた。
 
監督
吉田達磨 6.5
勝利が求められるなかで、しっかり結果を掴んだ点は評価すべきだろう。「不甲斐なさのほうが上回る」と言うように、相手を仕留められなかった部分は課題だろう。

1/2ページ

最終更新:6/11(土) 20:19

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。