ここから本文です

吉田采配が的中! 新潟が今季初先発・成岡の決勝弾でホーム初勝利!

SOCCER DIGEST Web 6/11(土) 16:11配信

五輪メンバー入りへ復活を賭ける松原が今季初スタメン、鈴木が今季リーグ初出場。

 J1リーグは6月11日、第1ステージ15節の9試合を開催。デンカビッグスワンスタジアムで行なわれた新潟対大宮は、1-0で新潟が勝利し、今季ホーム初勝利を飾った。

J1リーグ 順位表

 立ち上がりから大宮の裏のスペースを素早く突いていった新潟は、早くも4分に先制点を挙げる。DFと競り合いながら右サイドを抜けた端山がライン際で粘り、中央へ折り返すと、猛然とペナルティエリア内に走り込んできた成岡が押し込んだ。

 成岡は今季初スタメン、端山も7試合ぶり今季2度目のスタメン出場。吉田監督の抜擢が奏功した。

 良い流れを掴み前半を1-0で折り返した新潟は、後半もポゼッションをベースにリズムを掌握。終盤は前線にボリュームを持たせた大宮に押し込まれたものの、最終ラインを中心に粘り強く凌ぎ、逃げ切った。新潟は試合終了時点で降格圏を脱出。暫定ながら、16位から14位へと順位を上げた。

 また新潟は、前節途中出場した右SBの松原が今季初スタメンを飾りフル出場。6月5日のナビスコカップで復帰した鈴木も途中出場した。ボランチで起用された小泉も含め、リオ五輪を目指す選手たちがホームで存在をアピールした

 

最終更新:6/11(土) 16:27

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。