ここから本文です

代表戦のリベンジはならず…。1-1ドローの神戸戦で、浅野が決定力不足を露呈

SOCCER DIGEST Web 6/11(土) 19:37配信

試合終盤に迎えた1対1は、GKキム・スンギュにセーブされ…。

 J1リーグは6月11日、第1ステージ15節の9試合を開催。ノエビアスタジアム神戸で行なわれた神戸対広島は、1-1の引き分けに終わった。
 
 ホームの神戸は開始3分に先制点を許したものの、13分に右サイドからのクロスを受けたペドロ・ジュニオールが右足で沈めて同点に追いつく。後半はカウンターを軸にペドロ・ジュニオールやレアンドロが決定機を迎えたが、シュートは惜しくも枠を外れて勝ち越し点は奪えなかった。
 
 一方、3分にCKに合わせたピーター・ウタカのゴールで先制した広島は、そのピーター・ウタカにシャドーの柴﨑や宮吉が絡んでチャンスを創出。さらに、66分に途中出場した浅野も頻繁にエリア内に顔を出してゴールを脅かした。
 
 しかし、浅野はビッグチャンスをものできず。千葉のラストパスから放ったシュートは枠を外れ、試合終盤に迎えたGKとの1対1も、キム・スンギュにセーブされてゴールはならなかった。

 先日の日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦の決定機でシュートを打たずに横パスを選択した浅野は、試合後にそのシーンを悔いて涙を流した。その無念さを晴らす絶好の機会だっただけに、本人にとっても痛恨の決定機逸だっただろう。
 
 試合は結局1-1で終了。ともにチャンスを作り、どちらが勝ってもおかしくない内容の濃いゲームは、勝点1を分け合う結果となった。
 

最終更新:6/11(土) 19:49

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。