ここから本文です

エメラルドの海に浮かぶ古宇利島には 「沖縄版アダムとイブ」の伝説が残る

CREA WEB 6/11(土) 12:01配信

Magnificent View #984古宇利島(沖縄県)

 古宇利島は、沖縄本島近くにある周囲約8キロの小さな島。エメラルドグリーンの海に囲まれた島内には、古民家の集落やサトウキビ畑など、のどかな風景が広がっている。

 そんなのんびりとした空気が漂う一方で、ここには「恋の島」というロマンチックな愛称がある。「アダムとイブ」によく似た伝説と、「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」だと言われているのがその所以だ。

 島には、自然に囲まれたビーチがいくつかある。まるでプライベートビーチのような静けさを見せるのは、ご覧のトケイ浜。遠浅の海にはサンゴ礁が広がり、干潮時以外は鮮やかな熱帯魚とともに泳ぐことができる。

 2005年に橋が開通し、沖縄本島から屋我地島を経由し、車でアクセスできるようになった古宇利島は、いまや人気のドライブスポット。だが、居住区域である島の中央部へのレンタカーでの立ち入りは、原則禁止となっている。訪ねるのなら、島の暮らしを静かに見守りながら、美しい自然と海を満喫したい。

芹澤和美

最終更新:6/11(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。