ここから本文です

【今日の献立】冷凍庫整理に見えないボリュームオムレツ

東京ウォーカー 6/12(日) 10:00配信

ハンバーグをはじめとした、子どもが大好きなひき肉メニュー。そんなひき肉に身近な食材を組み合わせて工夫すれば、冷凍庫整理をしつつ、立派なおかずに。そんなメインおかずとして、合びき肉のコクと数種類の野菜で満足感たっぷりな「和風ミートオムレツ」はいかが? 青じそと大根おろしでさっぱり食べられる和風オムレツだ。副菜はナッツの香ばしさが楽しい「アスパラのピーナッツバターあえ」や「三つ葉とナッツのポン酢あえ」。汁物はラー油で食欲増進「もやしとわかめのスープ」や「なすとミニトマトのスープ」をどうぞ。(栄養士・三澤友貴子)

【写真を見る】ほんのり甘くてこうばしい。「アスパラのピーナッツバターあえ」

【主菜】和風ミートオムレツ(1人分307kcal、塩分1.1g)

<材料・2人分>合いびき肉100g、卵2個、じゃがいも小1個(約100g)、玉ねぎ1/4個、オクラ5本、青じそ1枚、大根おろし適量、サラダ油、酒、しょうゆ、塩、こしょう

<作り方>(1)じゃがいもは7~8mm角に切る。玉ねぎは粗みじん切りにする。オクラは5mm幅の小口切りにする。卵は溶きほぐす。(2)フライパンに油大さじ1/2を熱し、玉ねぎ、ひき肉、じゃがいも、オクラの順に入れ、そのつど炒め合わせる。肉の色が変わって、野菜がしんなりしたら、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1、塩、こしょう各少々で調味し、バットに取り出す。(3)フライパンをペーパータオルでさっと拭き、油大さじ1/2を熱し、溶き卵を流し入れる。菜箸で大きく混ぜながら広げ、半熟状になったら弱火にし、2を手前半分にのせる。卵を折り返して包み込み、器に滑らせるようにして盛る。しそを敷いて、大根おろしを添え、大根おろしにしょうゆ少々をかける。(卵を半分に折り返して具材を包み、卵の端を下に押し込みながら、オムレツ形に成形する。)【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/12(日) 10:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。