ここから本文です

かわいいだけじゃない、セントポールプラザ書籍店の看板猫の貪欲

本の話WEB 6/12(日) 12:00配信

 本屋さんに行くと、フリーペーパーが気になる。「週末の旅は本屋さん」でも、大盛堂書店の「大盛堂書店2F通信」、TSUTAYA寝屋川駅前店の「ぶんこでいず」、丸善津田沼店でゲットした「晴読雨読(はれどく)」などを紹介してきた。

 最近、あちこちの本屋で、「本屋でんすけ にゃわら版」というフリーペーパーを見かけるようになってきた(進駸堂中久喜本店)。店名も作り手の名前も書いていないが、気合いの入ったイラストと手描き文字の、ていねいな作り、中身も、パンのレシピから政治学、外国文学まで幅広い。伝手をたどっていくと、立教大学池袋キャンパス内の書店員さんが作っているという。連絡を取ってみると、お名前も年齢・性別も非公開なら、という条件付きで取材OKが出たため、セントポールプラザ書籍店にペンネーム「でんすけのかいぬし」さん(「でんすけ」はフリーペーパーに登場するキャラクターの名前)を訪ねた。

 セントポールプラザは、文具店やトラベルプラザも入る立教大学の購買部的な建物で、2階に丸善が運営する書籍売り場がある。学内の書店だが、表通りに面しており、一般のお客様も比較的入りやすい。実際、近所の方や、旧江戸川乱歩邸を訪ねてきたファンが立ち寄ったりするそうだ。

 学校内の書店らしく、品揃えは、語学書・資格書が大きな面積を占めている。4月・5月は、各学部で指定された教科書も多く扱っており、学生や職員は、1割引で本が買える。

「でんすけのかいぬし」さんは、フリーペーパーの印象から、勝手に外国文学や人文書の担当かと思っていたのだが、メインの担当ジャンルは資格書だそうだ。「宅建」「行政書士」「社労士」「色彩検定」「漢字検定」などの検定の種類と、級別(難易度)、出版社(資格書専門の出版社が多い)、年度の組み合わせは多岐にわたり、間違えて前の年度や別の級を買ってしまうと悲劇だ。同じ検定でも、出版社によって、アプローチや説明の仕方が違うので、どれを買えば勉強しやすいのか、比べて買いたい。ジャンル分けをどうすれば売れるか、陳列は級別か出版社別か、プッシュしたいシリーズをどう目立たせるか、工夫して並べて、2週間で結果が出なければ元に戻す。棚を観察し、本が乱れていれば、あ、この本を手に取ったんだなとチェックする。どのシリーズがどのくらい売れるのか、前年の数字に基づいて予測し、仕入れ、新版が出たらきちんと並べ、売れたらすぐに補充する(買いに来たときにほしい本がちゃんとある)、手をかければちゃんと売れる、耕して水をやって、世話をすれば収穫に結びつく、手応えがあって大好きなジャンルだそうだ。

「でんすけのかいぬし」さんは、この店に勤める前は、新古書店で働いていたそうだ。新古書店では、だれもが売り場を作れるように作業をマニュアル化する、マニュアルに従って陳列して、数字に基づいて評価する、欠品があれば1秒でも早く棚を埋めて棚効率を高める、そんな経験をしてきた。そこで培われたものを活かし、そこではできなかったことを試して、今の売り場を作っているという。

1/3ページ

最終更新:6/12(日) 12:00

本の話WEB

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。