ここから本文です

イングランド、試合終了間際に白星ポロリ…ロシアに劇的同点弾浴びる

フットボールチャンネル 6/12(日) 6:03配信

【イングランド代表 1-1 ロシア代表 EURO2016】

 現地時間11日にEURO2016が行われ、イングランド代表はロシア代表と対戦。ダイアーが先制点を決めるも、後半アディショナルタイムに追いつかれ、イングランドは1-1の引き分けに終わっている。

 EURO予選を10戦10勝の全勝で終えたイングランドは、調子の良い状態でロシア戦に臨んだ。ウェイン・ルーニーやハリー・ケインなど強力な攻撃陣を揃えるイングランドだったが、なかなか先制点を決めることができない。

 71分にはルーニーがシュートを放つもGKにファインセーブされ、弾いたボールはポストに跳ね返された。決定的なチャンスを逃したイングランド。それでも74分、ダイアーがフリーキックから直接ゴールに叩き込み、ようやく先制点を決める。

 その後も攻め続けたイングランドは何度もチャンスを作るが追加点は決まらず。すると、後半アデショナルタイムに悪夢が訪れた。ベレズツキが放ったヘディングシュートをグルシャコフが押し込み、同点に追いつかれてしまう。

 そのまま試合は終了し、イングランドは1-1の引き分けに終わった。勝利を目前にして、勝ち点3を逃す結果となっている。

【得点者】
74分 1-0 ダイアー(イングランド)
90分+2分 1-1 グルシャコフ(ロシア)

フットボールチャンネル

最終更新:6/12(日) 7:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。