ここから本文です

ドキュメンタリー『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』ポスタービジュアル&予告編公開

リアルサウンド 6/12(日) 1:54配信

 7月16日に公開されるドキュメンタリー映画『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』より、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、20世紀後半のハリウッドで、『キングコング』『ターミネーター』『プラトーン』など900本もの映画群を支えた銀行マンを描いたドキュメンタリー。ロッテルダムの銀行員フランズ・アフマンが、世界の映画市場を大きく変える“プリセールス”というセールスのシステムを編み出し、新興映画会社に融資を行った一部始終を映し出す。

 このたび公開されたポスタービジュアルでは、スーツを着たアフマンが笑みを浮かべている模様が捉えられており、彼の関わった作品名と数々の映画人たちとの写真が背景に収められている。一方、メガホンを取った娘ローゼマインのナレーションから始まる予告編では、往年のプロデューサーや俳優陣からアフマンの話が語られるほか、インタビューなど過去の映像が使用されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/12(日) 1:54

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。